2006年09月01日

Computers and Men

せっかく質問がありましたので、ジョークの全体を紹介しましょう。

なお、"commit to one" のところですが、結婚とは限りません。今どき結婚しないけれど、お互いを「パートナー」と呼び、長く付き合う人もいますよね?そういう「簡単には抜け出すことのできない関係」を想像していただければ良いと思います。

分かりにくいだろうな、と思うところは解説をつけました。

Are Computers Male or Female?
(コンピュータは男性か女性か)

In French, unlike English, all nouns are either masculine or feminine. For fun, a teacher once divided her French class into two groups, with men in one group and women in the other, and asked each group to decide whether the French word for computer should be masculine ("le computer"), or feminine ("la computer").

The men's group decided that computers should definitely be of the feminine gender ("la computer"), because:

男性のグループは、コンピュータは絶対女性(la computer)に違いない、と断言した。なぜなら

1). No one but their creator understands their internal logic.

その内部のからくりは創造主にしか分からない。
(つまり、女性の考え方は神のみぞ理解できる)

2). The native language they use to communicate with other computers is incomprehensible to everyone else.

お互いのコミュニケーションに用いている母国語は、外部のものには意味不明である。
(女性同士のおしゃべりは、男性には全く理解できない)

3). Even the smallest mistakes are stored in long-term memory for possible later retrieve and review.

(自分が犯した)細かい間違いまでもが長期メモリーに保存され、いつでもまた引っ張り出されて、指摘される。

4). As soon as you make a commitment to one, you find yourself spending half your pay check on accessories for it.

一つに決めた途端、そのコンピュータのための周辺機器に給料の半分を使い果たすことになってしまう。
(給料の半分が女性へのプレゼントで消えてしまう)

The women's group, however, concluded that computers should be masculine ("le computer"), because:

しかしながら女性のグループは、コンピュータは絶対男性(le computer)に違いない、と断言した。なぜなら

1). In order to get their attention, you have to turn them on.

注意を喚起するためには、まず電源を入れなければならない。
(男性の注意を喚起するためには、まず性的に興奮させなければならない)

2). They have a lot of data but they are still clueless.

たくさんのデータがあっても、まるで状況が分かっちゃいない。

3). They are supposed to help you solve problems, but half the time they ARE the problem.

問題を解決するためにそこにあるはずなのに、多くの場合その存在自体が問題を生み出す。

4). As soon as you commit to one, you realize that if you'd waited a little longer, you could have gotten a better model.

一つに決めた途端、もう少し我慢して待っていればもっと良いモデルが手に入ったであろうことに気付く。


なお、「女性の視点」には、上級バージョンもあります。
とりあえず解説は省いておきますが、「ここまで分かったけど、あと一歩が分からない!」というリクエストには応じます。

Top 10 Reasons Computers Must Be Male

10. They have a lot of data but are still clueless.

9. A better model is always just around the corner.

8. They look nice and shiny until you bring them home.

7. It is always necessary to have a backup.

6. They`ll do whatever you say if you push the right buttons.

5. The best part of having either one is the games you can play.

4. In order to get their attention, you have to turn them on.

3. The lights are on but nobody`s home.

2. Big power surges knock them out for the night.

1. Size does matter.
posted by EnglishMaster at 18:03| Comment(1) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月31日

(続)電子辞書

Two days ago, I finally got my new toy---a Canon Wordtank G70.

To be honest, I did waver until the last minute between the G70 and the SR-E10000 from SII. Had I read tanton-san's glowing endorsement before going to Bic Camera, I might have bought the Seiko instead.
However, what's done is done, and I'll have to live with my choice.
And I'm actually quite happy---so far.

I'm not that happy with Bic Camera, though. I ended up paying 17,000 yen more than the lowest listed price on kakaku.com, and the salesperson refused to give me a discount. Either I've lost my touch, or they've become stingier. (Or maybe it was because I was buying "the most popular model")
I did manage to wring a small concession out of them: I got them to include a small case for the dictionary for free. Although it looked clunky and unappealing at first, I'm now grateful for the extra padding it offers. And it's actually much nicer than the other, more expensive cases they had on sale.

Back to the dictionary.

The pros:

I love Kenkyusha's New Japanese-English Dictionary (5th edition). I tried looking up some words I'd used earlier in the year on an interpreting job, and they came up immediately, complete with helpful hints on usage. Amazing! This is going to make translating so much easier.

I also love the English-Japanese Collocations Dictionary (the Eiwa Katsuyou Dai-jiten). Although I rarely have trouble figuring out which words go together, it's nice to have a dictionary back up my instincts.

There are nifty little icons on the screen for "phrasal verbs" and "idioms", which give me lists of just the phrasal verbs or idioms for a particular word. Great for planning lessons.

The "stroke order" function on the Kanjigen Kanji Dictionary is pretty cool, and has managed to draw gasps of appreciation from my friends. Unfortunately, it's limited to only the most basic of kanji; for example, it couldn't tell me the stroke order for "牽".

The jump function can be quite useful, since it lists entries from all the dictionaries that are available. However, it can be cumbersome if I already know which dictionary I want to jump to.

Since it has both a British English and an American English Dictionary, it can be fun to compare the two, especially since this can be done by an ingenious function called "search all dictionaries". The two look suspiciously similar in most cases, though, and the Oxford English Dictionary (Br.E.) does have notes on American English Usage.

The cons:

The layout of the keyboard is far from intuitive. I had to look in the manual to figure out which keys controlled the "page up" / "page down" functions. Also, there are no one-touch keys for the collocations dictionaries, which I plan to use quite often.

The Japanese thesaurus is not as good as I expected. It offers a short explanation of when to use which word, but no comprehensive list of synonyms and antonyms. I actually think the Japanese thesaurus from Shogakukan (included in the SR-E10000) is far more superior. Oh, well...

The stylus is relatively easy to use, but I still get nervous about poking the screen with it. And having to take it out and put it away each time I use it can be a drag.

The "Comprehensive Dictionary of Collloquial English" is absolutely useless, for me at least. I looked up "get to", but the only definition they had was "to arrive at." Whatever happened to "start work on"? And "get to first base" was described as "to finish the first phase of something." The authors of the dictionary were apparently unwilling to explain how the phrase is used by American teenagers to talk about relationships.

The verdict:

75% (for now)

I haven't figured out how to use all the functions yet, and no doubt this gadget will grow on me.

However, I can't help but be reminded of one of my favorite jokes:

Q: Why is a computer like a man?
A: Because as soon as you commit to one, you realize that if you had waited just a little longer, you could have had a better model.

posted by EnglishMaster at 14:48| Comment(4) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月27日

電子辞書

で迷っています。

実は愛用していた電子辞書の液晶が2週間前に割れてしまい、非常に不自由な思いをしています。
(ちゃんとケースにも投資していたのに、ある日開けたら液晶が割れていた、とは一体どういうことなのでしょう)

生き字引を自負している人間がなぜ電子辞書を、と思われるかも知れませんが、生き字引であるためには、まず辞書マニアでなければなりません。
また、生徒さんに間違ったことを教えたくはないため、少しでも不安があるときには辞書を引きます。

もちろん辞書も完璧というわけではありません。特に英和辞典では、日常的に使われない用法が最初にでてきたりして、首を傾げることがありますし、和英を引いても「ジーニアス」の中辞典レベルでは「不親切だな」と思うことが多いです。
英英も、今まで使っていた辞書にはロングマンしか収録されていなかったため、ちょっと難しい言葉を引こうと思った場合には載っていなかった、ということがざらにありました。

私が辞書を使うのは主に三つの場面です。

まず、翻訳の仕事をするときには辞書は欠かせません。
英語は英語で、日本語は日本語で理解していると、その橋渡しが辞書なしでは中々できなかったりするのです。
例えば、最近スコットランド人の同僚が使っているのを聞いて知った "They're as alike as chalk and cheese," という表現ですが、その場では「ああ、全く性質がことなることを言いたいのだな」とは理解しても、それを頭の中で日本語の「月とスッポン」に結びつけるのには丸一日かかってしまいました。

また、日常的にあまり使われない言葉、つまり書き言葉的な言葉を上級者に教えたい場合には、発音やスペルを間違えてしまう可能性が高いため、万全を期して前もって調べておきます。
最近は、oenophile (ワイン愛好家)という言葉を確認しました。
(ちなみに、これもロングマンには載っていない言葉の一つで、リーダーズでみつけました)

そして最後に、クロスワード・パズルをやるとき。
NYTのクロスワードだと教養を問うものが多いため、ラテン語もでてきたりします。これがリーダーズのワイルドカード検索を使うと、ちゃんと候補を絞り込めたりするのです。
"Dulce et decorum est pro patria mori." (祖国のために死するは甘美、かつ名誉なり)は誰の言葉か、という問いに対しても、ちゃんと答えてくれました。(Horace です)

というわけで、新しい辞書に求める要件は
1.リーダーズとリーダーズ・プラスが入っていること
(できれば別な大辞典版の英和辞典が入っていること)
2.英英辞書が充実していること
(願わくは Concise Oxford Dictionary 以上のものを収録)
3.漢和辞典と、広辞苑以外の国語辞典が入っていること
(広辞苑はこと漢字の用法に関しては不親切で分かりにくいと感じたため)

そこでビックカメラに行ってみたところ、候補は三つに絞り込まれました。

まずは、セイコーのSR-E10000。
これはリーダーズに加えて大修館の新英和大辞典も入っていて、連語辞典なる「英和活用大辞典」も入っており、英英系はOxford Dictionary of English と Oxford Thesaurus of English に加えて Collins 系が4つ入っています。かなり美味しい。

Oxford Dictionary of English は今まで聞いたことが無かったのですが、Oxford English Dictionary やそれに派生する Concise Oxford Dictionary とは全く違うみたいですね。Wikipedia を調べたら、OEDと異なり、ODEは "descriptive rather than prescriptive" (つまり、「どのように使うべきか」ではなく「実際どのように使われているのか」に主眼が置かれている)とありました。ちょっと不安ですが、各社の英語上位モデルはすべてODEとOTE標準搭載なので、この点はあまり選択の余地はないみたいです。

あと美味しいのは、百科事典が搭載されていること。コンサイス・ブリタニカの英語版も日本語版もあります。これさえあればクロスワードは無敵?

ただ気になるのは、国語辞典が広辞苑であることと、本体が黒くてゴツイことです。
また、要らない「ネイティブ音声機能」も付いているし。

次の候補は、Casio の XD-GT9300。

今まで使っていた電子辞書もCasioだったため、保護ケースを使いまわせるというメリットがあるのですが、和英辞典がジーニアスのみなのと、「英会話とっさのひとこと」や「TOEIC単語集」など要らないものがたくさん付いているのでイマイチだと思いました。これも音声機能付き。
あと、Casioはやっぱり経験上液晶が故障しやすい感じがするため(今まで使っていたものも昨年に一度液晶を修理し、使い始めて3年目になる今年で割れてしまいました)その面でも不安が残ります。
9月下旬まで待てば和英辞典が研究社の新和英大辞典を収録した新モデルが出るみたいなのですが、それほど魅力を感じません。

最後の候補は、Canon のWordTank G70。

これで気に入ったのは、「余計」と思えるものがほとんど無い点です。音声機能も、英会話辞典もなし。代わりに New Oxford American Dictionary が入っていて、英語と米語を引き比べることができたりします。実際にどれほど訳に立つのかは分からないのですが。
日本語の辞典も大辞林に加え、類語大辞典というものが付いているため、日本語の文章を書くときに訳に立ちそうです。

あとは、「外国人に人気だ」と教えてもらった漢字の書き順をアニメーションで表示してくれる機能も面白いですね。重宝しそうです。

ただ、複数の辞書を一括検索するときにスタイラスを使う、というのが、液晶を傷つけてしまわないのか、ちょっと心配です。
実際に使ったことのある方の体験談を聞くことができれば良いのですが。
posted by EnglishMaster at 21:34| Comment(5) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月11日

正解

最近、ちょっとだけYahoo!の『知恵袋』というサービスにはまってしまいました。

質問者が質問を掲載し、回答者が期限までにそれに対して答えて、様々な回答の中から質問者が「ベストアンサー」を選ぶ、という仕組みになっています。
回答者はお金のためにではなく、単にベストアンサーに選ばれてポイントを稼ぎたいがために、せっせと回答を書くのです。

さて、そこで発見したのは、昨今の中高生がいかにネットに精通しているか、ということです。
夏休みの英語の宿題をそのまま丸投げして、「訳してください」「解説してください」という人が、かなり多いのです。

掲示板ですでにこういう動きを目にしていたため、かなり呆れてしまったのですが、解決済みの質問の回答を見ていくうちに実は事態がそれほど単純でないことに気付きました。

なぜなら、回答の内容はバラバラです。
良い、的を得ている回答もあれば、いい加減な回答もあり、明らかに間違っているという回答もあります。どうみてもこれは翻訳エンジンを利用したんだろう、と思わせるような回答さえあります。

で、必ずしも最も適切であると思われる回答が選ばれているか、というと、そうでもないのです。
場合によっては上記の翻訳エンジンまがいの回答が選ばれていることさえあるのです。

つまり、質問を丸投げしたとしても、良い回答とあまり良くない回答の違いを見分けるためには、それなりのセンスと技術が必要である、ということでしょう。

さらに考えてみると、これはとても良い勉強方であるような気さえしてきました。

なぜなら、学校なら「先生の言うことは正しい」と鵜呑みにすれば済んでしまいますが(日本の学生は批判的思考能力が欠如している、と言われてしまうことがあるのはそのためかもしれません)ネットでは「誰々が言っているから正しいに違いない」は通用しないのです。
自分の頭で、回答の中身を吟味して考えなければならないのです。
当然、「色々なアプローチがありうる」という発想にもつながるでしょう。
特に訳であれば、「正解」なんてありません。より優れた訳とそうでない訳があるだけです。

コミュニケーションも同じです。
質問をされたとき「こう答えなければいけない」という決まりなどありません。(まあ、ある構文を集中的に練習しているのであれば、できるだけその構文を使って欲しい、とは思いますが)Yes と答えるか、No と答えるか、I don't know と答えるか、I'm not in a position to answer that. と答えるかは、全くもって各人の自由なのです。
この自由を奪ってしまったときに、語学の勉強は味気なく、面白くなくなってしまうのでしょうね。

こう考えるとわくわくして、読んで少しでも「?」と思う回答を見かけたときや、「もっと良い表現があるのではないか」と感じたときには、自分なりの回答を付け加えずにはいられない状態に陥ってしまいました。
でも一向にランクが0から上へ上がりません。ランクアップしている人は一週間に何百通、何千通、という回答を書いているのですから。
とてもこれにはついていけない(というより、世の中なんでこんなに暇人が多いのだ!)、と思った途端に、急に熱が冷めました。
同じ情熱を注ぐ対象なら、このブログの方がはるかにリターンが大きいですよね。
posted by EnglishMaster at 20:09| Comment(6) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年08月10日

Koizumi's Folly

小泉首相、8月15日に靖国神社に参拝することを公言したみたいですね。
世論調査によれば、国民の50%が首相の靖国参拝を望んでいない、ということなので、それを理由にすれば、あまり面目を失わずに(without losing face)参拝を取りやめることができるような気がするのですが、どうなのでしょう。

海外メディアでも報じられているだろう、と思ったところ、NYTにはプリンストン大学の准教授によるオピニオン記事しかなかったのですが、アメリカ人をはじめとする海外の視点が上手くまとまっているため、ここで紹介します。

http://www.nytimes.com/2006/08/05/opinion/05bass.html?n=Top%2fReference%2fTimes%20Topics%2fPeople%2fK%2fKoizumi%2c%20Junichiro

ここでキーワードとなっているのは tainted という単語。同じ「汚れた」でも  dirty とは異なり、「一見きれいだけどしみがついた状態」を指します。ここの用法では「道徳的な汚点がついた」という感じでしょうか。

面白い、と思うのは、ここで靖国神社を "glorifies ... war criminals" (戦犯を賞賛する)場である、と捉えている点です。霊を祀ることと、賞賛することは全く別次元のことだと思うのですが、神道の精神を理解していないとこういう解釈になってしまうのでしょうね。

また、興味深いのは、「合祀」「分祀」という行為を指すため、合祀の際霊璽簿に氏名が記入される点に着目し、"add to the [shrine's] rolls" "remove from the rolls" という表現を用いている点です。
よく "enshrine" (端的に「祀る」の意)という言葉が用いられますが、これだと "glorify" (賛美する)のニュアンスが強すぎる、という配慮からでしょうか。

靖国神社を "A rallying point for revisionists" (歴史を修正しようと思う者が終結する場所)とも形容していますが、少なくとも神社に付属する遊蹴館についてこれには頷けます。
まだ行ったことはないのですが(近々行ってみなければならないと思っています)行ったことがある人によると、「あれを見れば中国や韓国が怒るのは当然だ」ということらしいです。かなり第二次世界大戦における日本の役割を美化してしまっているみたいです。戦争はそんなに単純なものではないはずなのに。

さて、このオピニオン記事の著者によれば、小泉首相が取るべき道は、新しい慰霊施設を作るか、A級戦犯を分祀することだ、と書いてありますが、少なくとも後者については不可能だと言われていますね。

これについては、靖国神社についての英語版 Wikipedia の記事
http://en.wikipedia.org/wiki/Yasukuni_Shrine
が丁寧に、かつ客観的に解説していますが、この話題について英語でチャットしていたところ、以下のような分かりやすいコメントを頂いたので、紹介します。

I suppose it's like streams (the recent spirits) merging into an ocean (the collectivity of all enshrined souls associated with modern wars). In reversing the process, you've got the second law of thermodynamics (entropy) working against you.


川が海へと合流していくように、一旦一つに合わさったものを分離するのは、熱力学第二法則(エントロピー増大の原理)に反する、という主張です。個人的にはかなり納得してしまいました。

さて、大分話が逸れてしまいましたが、記事に戻ると、筆者は小泉首相が靖国参拝にこだわる理由として、今まで公約を守ったことにより、"cemented a popular image of a statesman of integrity" (一貫性のある政治家としての受けの良いイメージを確固たるものにした)と書いています。
同時に、この行為を "pander to the right" (右翼にへつらう)と手厳しく批判もしています。
当の本人には、少なくとも後者の認識はあまり無いように思えるのですが...

難しい問題ですよね。

私個人は、原爆投下も立派な戦争犯罪であり、「A級戦犯」というレッテルは勝戦国が政治力を利用して敗戦国の指導者に貼り付けたものに過ぎない、という認識を理解できなくもありません。

でも、あのゆがめられた歴史認識を正々堂々と掲げている遊蹴館とワンセットになっている限り、靖国参拝⇒遊蹴館のゆがめられた認識を肯定⇒第二次世界大戦を美化⇒アジアの諸外国に対して無神経、という公式は成り立つでしょう。
少なくとも現状の靖国神社をこの国の指導者が公に参拝することは、百害あって一利なし、だと思います。
posted by EnglishMaster at 23:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。