2006年11月12日

発音記号

以前のいくつかの投稿で関連するコメントをいただいたので、発音記号について一言述べたいと思います。

発音記号。一般的に広く用いられているのは IPA(International Phonetic Alphabet)というものです。

実は、これほど便利なものはありません。
なぜなら、名称が示すとおり、真に International なものであり、あらゆる言語における音を表現することができるようになっています。

ですから、一旦マスターすれば、フランス語の音もドイツ語の音も日本語の音も、これ一つで表現することができます。
「ネイティブ発音付き電子辞書」に頼る必要など、全くありません。

(英語で用いられている記号の一覧はここよりどうぞ
このページの右側にある「RP」は "Received Pronunciation" (正統派のイギリス英語)、「GenAm」は "General American"、「AuE」は "Australian English" の略です。このように、子音の発音はどこでも同じで、「訛」というものは主に母音の発音の差に出てくることが良く分かると思います)

もちろん、カタカナに頼るよりもはるかに正確です。

例えば、何回か取り上げた R とL ですが、Rの音は "r"、 Lの音は "l"、日本語のラ行は "ɺ" という記号で表示されるため、違いが一目瞭然なのです

実は、恥ずかしながら私が本格的に発音記号というものを始めて意識したのは、大学でフランス語を勉強したときでした。
そのときの先生の一人が音声学の博士だったこともあり、発音を間違えると、実際に発音したとおり発音記号で書き取って、「今貴方が発音したのは、これです。でも本当はこの発音です」と教えてくれたので、ものすごく分かりやすかったことを覚えています。

それからしばらくは発音記号から遠ざかり、うろ覚えになったものもあったため、必要があれば辞書の巻頭にあるガイドを参考にする、という状況だったのですが、2年ほど前に発音中心の教材を教えることになり、慌てて総ざらいをして頭に叩き込みました。

すると、あら不思議。
その便利さにすっかり惚れ込んでしまい、普段のレッスンでもバンバン使い始めてしまいました。

例えば、"eigth" の発音の時、
"That sounds like "ace" [eis]. We're practicing "eigth" [eiθ] now."
と言って、最後の「s」と「θ」だけ書き出したりします。そして「θ」を見れば舌を歯の間に挟めば良い、と教えます。
気が付けば大学のとき、「ヒギンズ教授そっくり!」と憧れていたあの先生と同じことをやっているのです (^^;

ちなみに、妹によれば、今では中学校のオーラル・コミュニケーションの授業で発音記号を一通り教えているとか。
でも教え方が良く分からず、教材のビデオを流すだけで適当に終わらせている先生も多い、と憤慨していました。
posted by EnglishMaster at 23:19| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

電子辞書の功罪

One of my pet peeves at the moment is the prevalance of electronic dictionaries in the classroom.
Almost every student (even the beginners) seems to have them, and if they see or hear a word they don't know, or don't quite have the vocabulary to say what the want to say, the lids go up, and busy fingers go to work.

Don't get me wrong. I'm not against electronic dictionaries in general. I use one myself (as I detailed in a previous article), and I find them very useful, if used properly.

And I can understand how they're probably a must when one is struggling to read and write English at work.

But are electronic dictionaries (or even dictionaries in general) really essential in conversation classes?

I don't think so.

First of all, you have a living, breathing dictionary right in front of you. I.e., the teacher!
The logical thing to do if you don't understand the meaning of a word is to ask. Not asking, and jumping straight to the dictionary sort of implies that you don't trust the teacher.
(Although, I admit, perhaps not all teachers are worthy of trust.)

A good teacher should be able to explain new words in such a way that a student with even the most basic vocabulary can understand their meanings and how they're used.

If you aren't satisfied with the explanation, by all means, go to the dictionary. But the dictionary should be your last recourse, and not your first.
And this probably won't be necessary unless you're doing some really advanced material.

Going to a dictionary first can, in some cases, actually hamper understanding, since it can be difficult to see which meaning is appropriate for the context in question. I often see mistakes in translation in students' books, and I delight in getting them to realize that perhaps their dictionaries are not so reliable after all.

This is actually good training for real life. You can't really afford to pull out your electronic dictionary and tap away at it in the midst of a party or negotiation, can you? Not if you don't want to be rude.

And asking the teacher directly is actually a good way of gauging his or her abilities. A colleague who used to work as a consultant once told me a story about CEO who asked, at the end of a presentation, "So, what's GDP?" Apparently, he really wasn't familiar with the term, but it could have been a test, since even a roomful of highly-paid, extremely bright consultants had trouble coming up with a good definition on the spot.

So you shouldn't really need an English-Japanese dictionary.

You shouldn't really need a Japanese-English dictionary, either.
If you don't know the appropriate English word, just paraphrase!

Let's say you're speaking in Japanese, and you forget the word "uni" (sea urchin). Do you panic and start wishing that you had a dictionary with you? Of course not! Maybe you'll say something like "What's that really expensive orange-yellow stuff you put on sushi?" And your friends will probably respond with "Do you mean 'uni'?"

Paraphrasing is a great technique because it makes you focus on the vocabulary that you DO have, rather than the vocabulary you don't have and wish you did. This is what "thinking in English" is all about.
However, practice is required if you wan't to be able to do it smoothly. And the classroom is actually a great place to practice, since teachers are used to guessing what students actually want to say, and can help you work on good techniques to explain what you're thinking. Why squander that opportunity by whipping out your dictionary?

And again, Japanese-English dictionaries can give you quaint, outdated, or otherise outright wrong words for a certain context. The other day, a co-worker told me about a student who took one look at his face, tapped away at her dictionary, and triumphantly proclaimed "You're fatigued!"
Apparently, her dictionary didn't see fit to tell her that "tired" was far more appropriate than "fatigued."

Many people CAN funtion without their dictionaries if so required.
Once, when I was reviewing reported commands in a lesson, I said "Don't use your dictionary!" to a student simply because I wanted see if he could rephrase my sentence correctly as "You told me not to use my dictionary."
However, he thought I was serious, and drew back with a start every time his hands subconsciously (practically an addiction, at this point) reached for his dictionary. And although he struggled a bit in the beginning, he did fine. The next time I taught him, he smiled and put his dictionary away the moment I walked into the room. (Weaning people from their dictionaries has become something of a minor hobby.)

So, next time you go to a conversation class, LEAVE YOUR DICTIONARY IN YOUR BAG AND PUT YOUR BRAIN TO WORK!
posted by EnglishMaster at 12:50| Comment(3) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月06日

千の風の詩

実は、ちょっとしたきっかけで以下の詩の訳に挑戦することになったので、紹介します。
6日のNHKハイビジョンでの番組の題材となっているものです。

さて、あることわざによれば、
A translation is like a woman: if it is faithful, it is not beautiful; if it is beautiful, it is not faithful.
(翻訳は女のように、忠実であれば美しくなく、美しければ忠実ではない)
ということですが、どうしても美しさよりも忠実性を重視してしまいます。

やっぱり詩だと難しさは格別ですね。

Do not stand at my grave and weep
私のお墓で泣かないで
I am not there; I do not sleep.
私はそこにいないのだ
私は眠っていないのだ
I am a thousand winds that blow,
今は千の風であり
I am the diamond glints on snow,
きらめく雪の精であり
I am the sun on ripened grain,
豊穣を照らす太陽であり
I am the gentle autumn rain.
優しい秋雨なのである
When you awaken in the morning's hush
朝の静寂に目覚めたとき
I am the swift uplifting rush
私は静かに飛翔する
Of quiet birds in circling flight.
鳥の一群となっている
I am the soft starlight at night.
夜の柔らかい星明り
そこにも私を感じて欲しい
Do not stand at my grave and cry,
私のお墓で泣かないで
I am not there; I did not die.
私はそこにいないのだ
私は死んでいないのだ
posted by EnglishMaster at 00:20| Comment(7) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月26日

Multilingual

久々にジョークを一つ。

これは、レベル1の初級者でも必ず笑ってもらえます。

(それは、イラスト集に登場するマルチリンガルな人々を題材にして、ひたすら Does she speak French? Does he speak French well? What languages do they speak? という練習を延々と繰り返した後だからかもしれませんが)

If you speak two languages, you're bilingual.
If you speak three languages, you're trilingual.
If you speak one language... you're American!

要するに、アメリカ人(ちなみにこのジョークにはイギリス人バージョンとオーストラリア人バージョンもあります)だと、世界中の人々が英語を勉強してくれているので、必死に外国語を勉強する必要がなく、そのような努力をしている人も少ない、ということです。
自分たちの価値観がどこでも通用する、と勘違いしているアメリカ人が多い事実を揶揄している部分もあるのですが...


アメリカ人が英語を話せるのは当たり前です。
自信がない初心者の人はそれを忘れがちです。

でもまだまだ覚束ない状況にあっても、英語を学ぼうという姿勢を持っている人は母国語だけで満足している人よりもはるかにすごいよ。
このジョークを口にするときは、そんな心を伝えたいと思っています。
posted by EnglishMaster at 23:57| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月21日

英訳を前提?

一応「読書感想文」として分類してありますが、前回の続きのようなものです。

原書を読めるなら翻訳を読む必要はない、と思われる方も多いでしょう。

でも、私は翻訳を読むのが決して嫌いではありません。
それも、あまり意訳しすぎていないような、SF小説の翻訳(原書で手に入りにくい、という事情も影響していますが)などが結構好きです。

何が良いか、と言うと、翻訳された文章を読んでいると、時々日本語の訳文を読みながらフッと「あ、原書ではこういう表現を使っていたのだろうな」と英語の表現が頭に浮かぶのです。

翻訳ではないにも関わらず、同じ効果があるのが村上春樹の文章です。
彼の小説も、日本語で書かれているにも関わらず、読みながら頭が勝手に英訳してしまうのです。それどころか、ところどころにカタカナ語での言葉遊びさえあって、「これは英訳されることを前提にしているのだろうか」と思ってしまうことがあります。

これは彼自身、翻訳も手がけている経験が影響している、と言われていますね。

とにかく、動詞が多く、各々の動詞に対する主語が明確であることが多いのです。
前回指摘したような、SとV中心の文の構造が、日本語で体現されているのです。

実は、英作文を添削するとき、日本語から直訳しているかどうかの一種のメルクマールになるのが、主語に対する動詞の数なのです。
動詞が極端に少なければ、一目で「これは日本語で推敲したんだろうな」ということが分かります。
でも、村上春樹の文章であれば、どんな初心者が訳してもナチュラルな英語になりうるでしょう。

英訳をしながら勉強したい、というのであれば、こういう文章を題材にするのが一番かもしれません。


ちなみに、先日、村上春樹が大好きだ、という日本語がぺらぺらの同僚と話をしていたところ、彼は面白いことを言いました。

「村上の小説を読んでいると、彼が本当に日本人なのかどうかを疑いたくなってしまうね。だって、音楽をはじめ、小説の中で話題になるのは日本の文化よりも西洋の文化の話ばかりではないか」

確かに、彼の小説の主人公はジャズやクラシック(ポップスでも洋楽)ばかり聴き、作る食事(主人公は男なのに、なぜかいつも料理が上手いという前提になっている)もパン食中心、飲むお酒も洋酒ばかりですね。

その同僚に対しては「私の父だって、オペラには詳しいけど、能や歌舞伎は全く分からないよ」と反論したものの、やはりこういう現象は外国人から見ると「日本人らしくない」と映ってしまうのか、と考えてしまいましたね。

kafka1.jpg   kafka2.jpg
posted by EnglishMaster at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。