2005年10月28日

ブッシュとカリグラ

米最高裁判事候補 (candidate for the United States Supreme Court) になっていたハリエット・マイヤーズ (Harriet Miers) 女史がついに候補を辞退しました。

ちなみに日本では誰が最高裁判事になろうとあまり話題になりませんが、いつ自分が裁判の当事者になるか分からないアメリカにおいては連邦最高裁判所 (United States Supreme Court) が自分の権利を守ってくれる最後の砦 (court of last resort) とみなされており、空席が生じると誰が判事になるかは一般人やマスメディアからもかなりの注目を浴びています。

TIME誌によれば関係者から mediocrity (凡人)、crony (えこひいきされている人)、"the least qualified candidate since Caligula named his horse to the Senate" (カリグラ帝が自分の馬を元老院議員に指名して以来の最も不適切な人事)、などと散々な評を得ていたマイヤーズ女史、上院議員に対するあいさつ回り (courtesy calls) によっても点を稼ぐどころか却って評価を落としてしまい、ホワイトハウスでも彼女の辞退に胸をなでおろしている (breathe a sigh of relief) みたいです。
あまりにもバッシングが酷すぎて可愛そうな気もしますが、写真を拝見する限りとてもタフそうなおばさんです。彼女ならきっと立ち直れる (get back on her feet) のでしょう。


さて、このカリグラ帝が自分の馬を元老院に推挙したという故事、みなさんご存知ですか?
古代ローマ帝国の三代目の皇帝に当たるカリグラは若くして皇帝になり、「パンとサーカス」というフレーズに代表される人気取り政策によって国家財政を破綻させたことで有名です。また、お気に入りの馬を元老院に推挙するような少々頭のおかしい人だった、というのが一般的な西洋人の認識です。特に民主主義至上主義のアメリカのような国では「民主的に選ばれていない元首だとろくなことが無い」という主張をバックアップするためによく引き合いに出されますね。

ところが、最近読んだ塩野七生著の 『ローマ人の物語 (18) 悪名高き皇帝たち (2)』 によれば、事態はそれほど単純ではないみたいです。

塩野氏によれば、カリグラは精神的には未熟であり、国を動かす技量は足りなかったにせよ頭は決して悪くなく (現にお金を浪費する新しい方法を考え出す能力は天才的であった) 例の馬を推挙するという故事も当時の元老院の質の低さを嘆いて皮肉で言ったに過ぎないというのです。

また、派手な見世物を民衆に提供することに熱中したのも即位当時の高い人気を失うのが怖いあまりに、人気取りに必死になってしまった結果である、ということです。

うーむ。説得力あります (persuasive) ね。

と同時に、現代のある大統領とも共通点が見えてきます。
テロ対策で高まった人気を失うのが怖くて、不要で不毛な戦争に突入した大統領。
圧倒的な人気の元に二期目を迎えた後、図に乗ってしまった大統領。(カリグラも即位当時は絶大な人気を誇っていました)
支持基盤を失うのが怖くて、ハリケーンによる打撃で燃料が高騰した今でも明確な省エネ政策を打ち出せずにいる大統領。

もうお分かりですね。ブッシュです。
...というと、怒るアメリカ人もいるかもしれませんが。

ところで、前述の民主主義至上主義の下、アメリカでは一般的に共和政ローマは高く評価しながらも帝政ローマは批判的に見る方が多いです。
しかし、『ローマ人の物語』を読んでいると、ローマの帝政は様々な抑制と均衡 (checks and balances) が働いているシステムであり、そのような意味ではアメリカの大統領制ととても似ているように思われます。
その点、二代目皇帝ティベリウスのように不人気であっても良い仕事を続けることを可能にした「非民主的な」システムもあながち悪くないのかもしれませんね。
posted by EnglishMaster at 22:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月23日

ニューヨーク訛の "law"

関西人も東京に長く住めば標準語をしゃべるようになりますよね。
いや、テレビが普及しているこの時代、方言とは言ってもイントネーションによるあまりにも強烈な違いは薄れてきているのかもしれません。

同じようにさすがに日本に帰ってきてから何年も経つと、英語の訛というものもある程度鈍化されてしまうものです。

最初に帰ってきたときは(それまであまりテレビを見なかったというのもあって)カリフォルニア訛でさえも聞くとちょっと違和感を感じてしまうくらい、ニューヨーク訛が体に染み込んでいました。
しかし、今では「ニューヨーク出身」をすぐに当てられることは基本的にはあまり無いですね。生粋のNYっ子訛はあまり上品なものではないので、「訛が無い」と言われるのは喜ばしいことなのですが、さすがに「カリフォルニア出身?」と聞かれたりするとちょっと複雑ですね。

ところが、消えていたと思っていた訛もある面ではやっぱり健在みたいです。

先日、発音のレッスンで [ɔ] と [ou] の区別を練習していたときです。
(ちなみに、前者の代表は "law" [lɔ]、後者の代表は "low" [lou] ですが、カタカナだと両方とも「ロー」になってしまいますよね。)
分かりやすくするためにカタカナっぽく発音して前者は「オー」、後者は「オウ」となり区別が必要なこと、区別を大きくするためには前者にちょっとだけ「ア」を入れて「オァ」にすれば良い、と解説していました。
(なので "law" は「ロァ」、"low" は「ロウ」と発音し分けることになります)

教えていた生徒さんが少し苦労をしていたので休み時間にぼやいていたら、同僚に「そうか、君は『ア』を入れて二重母音 (diphthong) にしているんだ。やっぱり東海岸訛だね。西海岸では『オー』で素直に単母音 (monophthong) だよ」と言われました。

うーん。
やっぱりこういうところで違いが出てくるんですね。
ただし、よく考えると私もあまり一貫性が無く、よほど違いを強調する必要を感じない限り [ɔ] が出てくる単語は「オー」になっているかな。(発音記号が一文字であることからも分かるように、単母音の方が訛のないきれいな発音です)

ちなみに生粋のニューヨーカーだと、"law" の後にさらに舌を巻くような感じで余計な "r" がくっついて、"lawr" という発音になります。だからニューヨーカーに言わせれば "law" と "lore"、"saw" と "sore" などは同音異義語になってしまいます。
Tom Wolfe 著の "The Bonfire of the Vanities" などにはこの訛の特徴が実によく表現されています。トム・ハンクス主演で映画化もされているので是非!

posted by EnglishMaster at 22:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月13日

日本語化されたフランス語 vs. 英語化されたフランス語

以前、英語化されたフランス語について記事を書きましたが、今日パン屋さんに寄ったとき、ふと日本語化されたフランス語もかなり多いことに改めて気づきました。

とは言っても、日本語化されたフランス語は必ずしも英語化されたフランス語とイコールではありません。
例えばパン (pain) はフランス語に由来していますが、英語ではあくまでも bread ですよね。

でもクロワッサン (croissant) は英語でも使われています。発音だけ微妙に違います。英語では「クロワン」になり、アクセントは「サ」に移動します。
このように日本語化されたフランス語と英語化されたフランス語の違いを知っているだけで、大分ボキャブラリーが広がりますよね。
(ちなみに、一生懸命「クロワッサン」と言っても、多分英語スピーカーには通じないでしょう。)

そこで考えついたチャレンジです。

できれば赤い下敷きを用意してください。


以下に英語化も日本語化もされたフランス語のリストをまず日本語化バージョンで書いてありますので、正確な綴りと英語での発音がいくつ分かるか試してみてください。
ちなみにカッコ内が英語綴り(ほとんどの場合オリジナルのフランス語と同じ)、矢印の右側が英語での発音(カタカナに直してあり、上記の「クロワサン」の「」のようにアクセントのつく音節は分かりやすいように斜体にしてある)となっています。

では、Are you ready? 


クーデター (coup d'etat) → クー・デ
コンシェルジュ (concierge) → コンスィエルジュ
ヒレ(肉)(filet) → フィ
シャンパン (champagne) → シャンイン
オードブル (hors d'oeuvres) → オー・ドゥーヴル
オーデコロン (eau de cologne) → オー・ドゥ・コ

いくつ分かりましたか?
posted by EnglishMaster at 22:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月06日

Taste

レストランについて語るとき、日本語ではよく「味がいい」という表現を使います。

しかし、これを英語に直すとどうなるのでしょう。

The taste is good?
The restaurant is good taste?
The restaurant has good taste?

実は、これは全部間違い、あるいは不正確 (inaccurate) な表現になってしまいます。

まず二番目の文ですが、レストラン自体、(つまり外壁やテーブル、椅子等)を食べるわけにはいかないので、英語的な厳密な論理からすれば「レストランの味」を語ることは不可能 (impossible) です。

で、残りの二文はというと、実はここで問題になるのが taste のもうひとつの意味です。
すなわち、食べられないものとセットにしてtaste を名詞として使う場合には「味」ではなく「趣味」を意味することになるのです。。

だから、例えば服装が決まっている人(当然食べられませんよね)について
He has good taste.
とよく言ったりします。

○○の趣味が良い、と言いたいときには in が便利です。
He has excellent taste in music.
He has superb taste in wines.
He has great taste in women...(決していやらしい意味ではありません)

となるともうお分かりだと思いますが、
The restaurant has good taste.
と言ってしまうと、レストランの食事の味よりもむしろ内装やBGMの趣味を誉めることになってしまうんですよね。

第一の文は、実際に何かを食べている場合において、食べているものを指すときには通用しないこともないかもしれませんが、昨日食事をしたレストランという一般論の話においてはまずもって何の 味が問題になっているのか全く分からないですよね。

では、レストランの食事の味についてコメントしたいときにはどうすれば良いのでしょう?
簡単です。
The food is delicious.

さらに料理の具体名を出せば味について語っているということが前提となるので、delicious に限られず、色んな形容詞をくっつけることができます。

The gateau chocolat was incredible!
The carpaccio was simply amazing.
The tuna sashimi with pepper sauce was out of this world!

(この世のものと思えないほど美味しかった)

あと、taste を動詞として使う場合にはあまり神経質にならなくて良いですね。
ただし、The restaurant tastes good. とはくれぐれも言わないように。繰り返しますが建物は食べられませんから。

I tried a new Italian restaurant last Friday. The lasagna was superb, but the pizza tasted a little floury. The service wasn't the best, either. I really don't think I'll be going back there again.
posted by EnglishMaster at 10:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年10月02日

女性POTUS誕生!

POTUSとはズバリ、"President of the United States" の頭文字を合わせた acronym です。

そして今秋、ついに女性POTUSが誕生しました。

ただし、テレビの世界においてです。

米国ABC系で先週デビューした "Commander in Chief" ではジーナ・デービスが史上初の女性大統領 (female President) を演じています。
Commander in Chief とは「最高司令官」の意味で、合衆国大統領が同時に軍部の最高司令官でもあることからしばしばこう呼ばれます)

女性票取り込みのために副大統領候補に選ばれ、初の女性副大統領 (female Vice President) になっていたデービス演じる Mackenzie Allen は大統領が倒れたときにドナルド・サザーランド演じる下院議長 (Speaker of the House)
をはじめとする面々から大統領就任を辞退するように薦められます。

そもそも Allen は共和党 (Republican) である大統領や下院議長とは違い、無所属 (independent) であるためイデオロギー (ideology; values) が異なる、というのが表向きの理由ですが。

そのとき、下院議長Templeton が Allen に対しイスラム諸国は絶対に女性米国大統領などを受け入れられないと言ったあとに続くやり取りが話題になりました。
Allen: "Not only that, Nathan, but we have the whole once-a-month, 'will she/won't she press the button?' thing."
Templeton: "Well, in a couple of years you're not going to have to worry about that anymore."

えげつないですね。

さて、現実世界における実現可能性について見ると、今まで多くの大統領を排出している米国上院議会 (U.S. Senate) における女性議員 (female Senators) の比率はたったの14%。

新生アフガニスタンの選挙においてはクォータ制 (quota system) により議席 (seats) の25%が女性のために割り当てられている (reserved) ことを考えるとこれさえ及ばないですね。

ちなみに、これは下院を比較した場合ですが、北欧三国においては女性議員の比率は軒並み35%以上であり、ドイツでも32%であるみたいです。
世界平均は15%。
日本は今回の選挙で女性の躍進、と騒がれましたが、それでも 7.1%から 9%に上がったに過ぎません。
posted by EnglishMaster at 21:46| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする