2006年07月30日

Man-to-man?

昨日、生徒さんを待っているときに廊下の掲示板を見ていて、あれ?と思ってしまいました。

サマーキャンペーンの案内で、今までは例えば「プライベート50レッスン」と書いてあったのが、「『マン・ツー・マン』50レッスン」という表記に変わっているではないですか。

どうしてこんなところでジャパニーズ・イングリッシュが使われているのだろう、これも「マン・ツー・マン」のフレーズの普及に努めている緑の看板の学校の影響か、と思い、スタッフに聞いてみると、
「知りません。ウェブサイトからダウンロードしたものをそのまま印刷しただけですから」
との一言。
でも彼女が言うには、「結構『プライベート・レッスン』と言っても分からない人が多いんですよ。『マン・ツー・マン』の方が分かりやすいみたいですね。日本語として市民権を得ているなら、それで良いんじゃないですか?」

そこで早速一緒に広辞苑を引いてみると...出てました、ちゃっかり。

さて、なぜ「マン・ツー・マン」が英語としてはヤバイと感じたかというと、最近英語では gender bias というものが非常に問題になっているからです。
例えば chairman と言ってしまうと男性しか会長になりえないような感じがするから "chairperson" にするべきだ、とか、"stewardess" だといかにもお客様の面倒を見るのが女性の仕事であるようなニュアンスがあるから "flight attendant" や "cabin attendant" と呼ぶべきだ、という議論です。

この流れからすると、man-to-man と言ってしまった場合、教える側が女性である場合と、教えられる側が女性である場合を否定するかのようであるため、避けるべきだ、と言えるでしょう。
(ちなみに、かの緑の看板の学校でさえもネイティブ向けの求人広告では "Teach only one-on-one lessons..." という表現を用いており、"man to man" とは書いていません)

で、ここまで考えて思い出したのが、

Let's talk, man-to-man.

という表現です。
男同士の話し合い、とすると皆さんはどんなものを想像しますか?
腹蔵の無い、率直な話し合い、「リーダーズ英和辞典」によれば、「肚を割った」話し合い、ということです。

これが転じて、

We had a little woman-to-woman chat.

なんていう形で使われることもありますね。
同性同士にしか許されない率直さを伴った、という感じになります。

以上、確かに「マン・ツー・マン」は日本語としては定着しているかもしれませんが、ネイティブに向かって

I'm taking man-to-man lessons,

とはなるべく言わない方が良いと思います。(特に女性である場合)
分かってもらえるかもしれませんが、その前に一瞬変な顔をされてしまう可能性大です。
posted by EnglishMaster at 21:02| Comment(4) | TrackBack(0) | 和製英語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年03月11日

Inlets and Outlets

先日、いつも働いているビルの一階に置いてある公衆電話の側を通ったとき、その隣に置いてあるテレホンカード販売機を見て思わず立ち止まってしまいました。

以下、写真です。

inlet.jpg

実は、最初にこの「紙幣挿入口」の下の "bill inlet" という表示が目に留まったとき、久々に面白い間違いを発見したな、と思ったのです。なぜなら "inlet" という言葉でまっさきに思い浮かぶのは地形の「入江」であり、「紙幣」と「入江」を組み合わせるとかなりちぐはぐなイメージになってしまうからです。「出口」を意味する "outlet" の反義語として適当に "inlet" を使ったのかな、とさえ思いました。

しかし、ひょっとしたら私の知らない用法であるだけかもしれないと思い、念のために辞書を調べてみました。すると、リーダーズ大英和辞典では
_n. 入江, 《島と島の間の》 小海峡; 入口, 引入口; はめ込み(物), 象眼物; はめ[押し]込むこと.
とあるではありませんか。

これなら "bill inlet" でもあながち間違いではないことになってしまいます。
なんとなく納得の行かない私は Merriam-Webster 英英辞典の大辞典版でも調べてみました。すると、
2b : a place of entrance : an opening by which entrance is made : ORIFICE ‹oil inlets› ‹air inlet› ‹inlet and outlet valves›

という定義が出てきました。

ここで出てくる例を見る限り、inlet は "oil" や "air" など「流体」と組み合わせて使われるらしいことが分かりますよね。この用法ならイメージ通りだな、と思いながらもう一つの英英辞典、電子辞書に収録されている Longman も念のために引いてみました。
こちらの方が明快で
2 the part of a machine through which liquid or gas flows in

と定義されていました。

やっぱりネイティブ・スピーカーから見れば不自然な用法なんだな、と思わず喜んでしまいました。
でも実際に使われているのかどうかというのも気になります。そこで、Googleで検索をかけてみたところ(ここまでくると単なる暇人のように思われてしまうかもしれませんが)ヒット数はたったの173件。"oil inlet" の 18,000 件に遠く及びません。
ただし、ヒットしたページがほぼすべて特許申請文書や自販機の製品紹介など専門的な内容のものが多かったため、業界ではこのフレーズが使われているのかな、という不安が残ります。

最後の手段として、同僚の中でもとりわけ語彙が豊富で言語感覚が優れている友人に「このような表示を見て不自然だと思ったんだけど、どう思う?」と聞いてみたところ、意味が分からないことは無いけど、なんとなく awkward (ぎこちない)だね、という返事が返ってきました。


さて、前述の通り Inlet は専ら「入江」として使われていますが、この 反義語に当たる Outlet は実に様々な場面で用いられています。そして、今まであまり意識したことは無かったのですが、考えてみると "inlet" と同様、ものごとの「流れ」というのがポイントになっているみたいです。

まず皆さんがよくご存知かもしれないのがブランド品を格安で買える「アウトレット・モール」の "outlet"。商品自体は流体ではありませんが、一種の販路であるため、商品の「流出口」という感じになるのです。
"I got this Anne Klein skirt for just $20 at an outlet in the suburbs," という風に使うことができます。
単に「小売店」"retail outlet" を指すこともあります。

あと、重要な用法としては「コンセント」でしょうか。
しばらく前に某英会話学校の広告で「コンセント」が和製英語であることを紹介するかなり気の利いたものがありましたが、全くその通りであり、コンセント自体は "plug", 差込口は "electrical outlet" もしくは " socket" と言ったりします。
I couldn't use my hair dryer in Europe because the plug didn't fit the outlets there.


面白い用法としては感情や衝動の「はけ口」があります。これらも形が無いものですから、覚えやすいですよね。
He found an outlet for his frustration in running.
(彼はランニングに欲求不満の捌け口を見出した)
posted by EnglishMaster at 22:00| Comment(1) | TrackBack(0) | 和製英語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月01日

Engrish!

この間、怪しげな英語の例として the b'akasaka を紹介しましたが、あれではまだまだ甘いみたいです。

先ほど、10年近く"Engrish"、すなわち主に日本人による勘違い英語の例を収集しているサイトを友達に教えてもらいました。
かなり笑えます。
興味がある方は是非 Engrish.com を訪問してみてください。

なお、サイトのトップページで紹介されている "sham poo" というラベルのついたシャンプーですが、なぜ可笑しいのか分かりますか?
よく分からない、という方は是非 "sham" と "poo" の二語に分けて辞書を引いてみて下さいるんるん
posted by EnglishMaster at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 和製英語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする