2005年11月22日

小泉さんの英語力

今日、数人の生徒さんから小泉さんの英語力を批判 (criticize) する声を聞きました。

すなわち、ちゃんと英語がしゃべれると思ったのに全然しゃべれていない、とのことです。
ある生徒さんに至っては "I think his English is worse than mine!" と堂々と言っていましたね。素晴らしい!(もちろんその生徒さんが、ですよ)
一発で間違えずに言えたので、思わず拍手をしてしまいました。

どうやら小泉さんは単語単位でしか語れず、 complete sentences でしゃべることができないことがテレビでばれてしまったみたいなのですが、皆さん異口同音に「思ったほどではなかった」(not as good as expected) 「もっとしゃべれると思ったのに」(I thought he could speak better English)「がっかりさせられた」(It was disappointing) などと言っていました。

普段おとなしい方でもこのような話題だと熱く、流暢に語れるのが不思議です。 (^^)


テレビの無い私としては直接分析できなかったのが残念なのですが、皆さんはどう思われましたか?是非感想をお聞かせください。

さて、歴代首相の英語力といえば森さんとクリントンの会話が有名ですよね。
知らない、という方のために、参考のために以下紹介します。
事前準備として、森さんはまず "How are you?" と聞くこと、そして相手が "I'm fine, thank you. And you?" と返してきたところで、"Me too." と言えばバッチリですよ、と仕込まれていました。
しかし、当日、緊張のあまり森さんの最初の言葉は "How are you," ではなく "Who are you?" に。ユーモアのセンス抜群のクリントンは "I'm Hillary Clinton's husband. " と答えたのですが、この答えを全く理解できなかった森さんの返答は..."Me too!"

最初はジョークだと思っていたのですが、後に実話らしいと聞いてびっくりした覚えがあります。小泉さんがこれよりはましだとしても、あまりにもレベルが低い争いだと思いません?
posted by EnglishMaster at 22:46| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
小泉おじさんのは、
<英語>なんてものじゃないです。
そもそも(笑)。
国連の演説を外務官僚に書いてもらったのを
棒読みするのが精一杯ですね。
たんなる、単語の羅列です。
この人、London Univ,に留学経験と
選挙公報に載せてますが、
所謂、<遊学>レベル。
断言できますね(笑)。
歴代の首相でただひとり
orthodoxな英語を話せるのは
宮澤元首相だけです。
Posted by 青不動 at 2005年11月23日 02:34
青不動様、
Thank you for the illuminating comment!
「<遊学>レベル」と断言するあたり、かなりシビアですね。
別に英語ができれば偉い、というわけではありませんが(宮澤元首相もこれといった legacy を残せたわけではありませんし)国際性をアピールしたいのであればもう少し語学の方も頑張ってもらわなければ、と思います。
Posted by EnglishMaster at 2005年11月23日 22:38
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/9681403
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック