2005年11月09日

ゴミについての考察

今日も帰りがけに自転車に乗ろうとしたところ、カゴの中に誰かが捨てた丸められたチラシを発見しました。

確かに私もちゃんとした駐輪場ではなく路上に止めているため、あまり文句を言える立場には無いのかもしれませんが、それにしても人の自転車のカゴをゴミ箱代わりに使うのはあまりにも酷いと思いません?

...と一人で憤慨していたときにふと頭に思い浮かんだのは、英語だとゴミにも色々あるな、という考えでした。
一般的な和英辞典では何を紹介しているのだろう、と試しに大修館の『ジーニアス和英辞典』を引いてみると、garbagerubbishlitterwastedirtdust が出てきました。

なぜ trash refuse が出てこないのか、など編纂者の意図を理解しかねる点がいくつかありますが、とりあえず中辞典レベルでも6つの訳語が出てくるんですね。
言うまでも無く、これらの言葉はすべてイメージないしニュアンスが異なります。

まず、最も一般的な言葉は garbagetrash かと思います。
前者は生ゴミを中心とする濡れていて臭うもの、後者は乾いている比較的クリーンなもの、という風に使い分けられています。
なので、最近のシステムキッチンで人気の生ゴミ処理機は garbage disposal、机の脇に置いているゴミ箱であれば trash can になります。
(ちなみにコンピュータの基幹ソフトウェアであるWindows上 の「ごみ箱」は英語バージョンでは "Recycle Bin" と呼ばれています。

「価値が無いもの」という意味での「ゴミ」と比喩的に言いたい場合には両方使えますが、ここでも意図することによって微妙な使い分けがなされているような感じがします。
例えばこの間生徒さんがキャンセルして暇を持て余していた私はスタッフ・ルームの隅にあった本棚から本を選んで読んでいたのですが、同僚に "Why are you reading that? That's trash!" と非難されてしまいました。もしその本が単に私の時間の無駄 (waste of time) であるだけではなく、私に精神的な悪影響を及ぼすと思われるものであれば彼は "That's garbage!" と評したことでしょう。
Garbage を扱えば臭いが体に移りますが、trash ではその危険性が低いからかもしれません)

なお、イギリス英語では rubbish が一般的で、ゴミ箱は通常は rubbish bin になるみたいです。
以前仲が良かったイギリス人の同僚はしばしば「信じられない!嘘だろう!」という意味で "That's rubbish!" と言っていました。偽の情報にはゴミのように価値が無い、ということでしょうか。

以上は一般論です。
ゴミ各論に移ればさらに様々な言葉があります。

例えばポイ捨てされたゴミであれば "litter"。「ポイ捨て禁止」という意味で、公園などではしばしば "Do not litter." や "No littering." という掲示を見かけます。

非常に細かいゴミであればやはり「埃」「塵」という意味の dust が一番でしょう。「目にゴミが入った」のであれば "I got some dust in my eye." と言います。
平家物語の冒頭に「ひとへに風の前の塵に同じ」という一節がありますが、これも "Like a fleck of dust before the wind." でニュアンスが伝わるのではないでしょうか。

Waste はどちらかというと「廃棄物」という意味で使われることが多いです。例えば工場等から出た「有害廃棄物」ならば "toxic waste" になりますね。

同じく「廃棄物」という意味で使われるのがrefuse (「断る」という意味の動詞とは発音が違うので注意!)ですが、waste と違ってどちらかというと無害なものに使われるような気がします。

そして、家庭で大事な「ゴミ出し」の行為であれば "to take out the trash" がよく使われます。家庭から家の外までは "trash" なのに、それを集めに来るゴミ収集人は "garbage collector"、そして彼らが乗っているのは "garbage truck"。
自分の手から離れたとたんにより汚いものにしてしまうとは、人間って勝手ですよね。

i.jpgi4.jpgi2.jpg
posted by EnglishMaster at 00:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック