2005年10月13日

日本語化されたフランス語 vs. 英語化されたフランス語

以前、英語化されたフランス語について記事を書きましたが、今日パン屋さんに寄ったとき、ふと日本語化されたフランス語もかなり多いことに改めて気づきました。

とは言っても、日本語化されたフランス語は必ずしも英語化されたフランス語とイコールではありません。
例えばパン (pain) はフランス語に由来していますが、英語ではあくまでも bread ですよね。

でもクロワッサン (croissant) は英語でも使われています。発音だけ微妙に違います。英語では「クロワン」になり、アクセントは「サ」に移動します。
このように日本語化されたフランス語と英語化されたフランス語の違いを知っているだけで、大分ボキャブラリーが広がりますよね。
(ちなみに、一生懸命「クロワッサン」と言っても、多分英語スピーカーには通じないでしょう。)

そこで考えついたチャレンジです。

できれば赤い下敷きを用意してください。


以下に英語化も日本語化もされたフランス語のリストをまず日本語化バージョンで書いてありますので、正確な綴りと英語での発音がいくつ分かるか試してみてください。
ちなみにカッコ内が英語綴り(ほとんどの場合オリジナルのフランス語と同じ)、矢印の右側が英語での発音(カタカナに直してあり、上記の「クロワサン」の「」のようにアクセントのつく音節は分かりやすいように斜体にしてある)となっています。

では、Are you ready? 


クーデター (coup d'etat) → クー・デ
コンシェルジュ (concierge) → コンスィエルジュ
ヒレ(肉)(filet) → フィ
シャンパン (champagne) → シャンイン
オードブル (hors d'oeuvres) → オー・ドゥーヴル
オーデコロン (eau de cologne) → オー・ドゥ・コ

いくつ分かりましたか?
posted by EnglishMaster at 22:13| Comment(0) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/8083568

この記事へのトラックバック

英語
Excerpt: 英語英語(えいご)は、世界の広い地域で話されている言語の一つで、インド・ヨーロッパ語族のゲルマン語派に属するイングランドを発祥とする言語である。20世紀後半まで、イギリスが多くの植民地を抱えていたこと..
Weblog: 英語学習教習所
Tracked: 2005-10-13 23:55