2007年12月27日

英会話教師というお仕事

また更新無しの日々が続くうちに、あっという間にクリスマスも過ぎてしまい、読者の皆様には本当に申し訳ないことをしてしまいました。

さすがに転職して6ヵ月以上経ち、個人的にも3ヶ月前から全く英会話を教えていないため、書きたい内容(現在の仕事の他愛の無い日常)とブログタイトルとの間にだんだん齟齬が生じてしまっている、というのが筆を重くしている一番の原因となっていることに最近やっと気づきました。

(実は、最近受付け担当の同僚の翻訳指導を始めたので、全く教えていない、というわけでも無いのですが...)

そこで、心機一転!あまり教育的な内容を重視しない、新しいブログを立ち上げることにしました。

その名も『あるバイリンガルな奴隷のつぶやき』
バイリンガルな職場の不思議な日常や、実務で英語を使う時のヒントに加え、独り言や読書感想文も加えていくつもりです。

こちらのブログは、しばし休眠状態とさせていただきますが、新ブログの内容でつながりのあるものは、旧ブログの記事にリンクさせていくつもりです。


このブログを休止するにあたり、一区切りとして、私が経験した「英会話教師」という仕事について振り返ってみたいと思います。

先週、『ニューズウィーク日本版』にも「ニッポンの英会話学校」という題名の特集があり、ご覧になった方も多いと思われますが、あの特集の内容にあまり感心しなかった、という動機もあります。

1. 労働条件
これは確かに決して良かったとは言えないと思います。

ニューズウィークで紹介されていた1レッスン当たり1400円しかもらえないGABAほど酷くはなかったのですが、給料は決して高くありませんでした。以前はもっと給与水準が高かったため、古株の同僚は全くやる気がなくても私の2倍近く稼いでいたのですが、これを見るのはかなり面白く無かったです。
また、身分は契約社員で、制度変更のためフルタイムになってから6ヵ月経過するまで社会保険が付かない状態でした。(もっとも、社会保険料を払いたくないため、わざわざレッスン数を減らす同僚もいたのですが)
極めつけは、拘束時間が長かったこと。
特に私が教えていたようなビジネス街のスクールだと、朝と夜にレッスンの需要が集中するため、始業は朝8時半、終業は夜9時過ぎ、しかし昼間には数時間空いてしまう、というパターンになっていました。
フルタイムとして働いたのは、最後の一年半強ですが、あれで限界だったと思います。

しかし、とにかく最初に教えたNCBのように、「日本人」と「外国人」で給与格差が無かったのは嬉しかったですね。
また、何の資格も無くても就ける仕事であることを考えれば、ある意味妥当な給与であると言えたと思います。問題は、いくら頑張って優秀な成績を収めても上がり幅が少ないことでしたが、同僚の一人などはずば抜けた実績をベースに自分で交渉し、かなり有利に労働条件を変更してもらうことに成功していました。

上記の特集で紹介されていたGABAの講師は、1レッスン当たり生徒が払うのは7000円であるのに対し、自分がもらうのはたった1400円なのは搾取だ、と述べていましたが、この意見には賛成できません。

スクール側が生徒を用意し、場所を用意し、テキストも用意し、ある程度マニュアルも完成させ、クレームも処理してくれるのです。言い換えれば、手を抜こうと思えばいくらでも手を抜ける環境を整えてくれてるのです。
その講師に対しては、「そんなに悔しいなら1レッスン7000円で自分の生活を支えられるほどの数の生徒を集められるか、試してみなさい」と言いたいです。ビジネスの本質を理解していない、としか考えられません。


2. その他
またニューズウィークの表現を借りると、「プロ意識ゼロ」の「腰掛け」的な講師は、「英会話教師をやっても何も身につかない」と言います。実際に、このような言い方をする人を何人も見かけました。

しかし私個人としては、現在の仕事にもつながるようなスキルをはじめ、得るものが多かったと思います。

まずは、素晴らしい同僚。
手を抜こうと思えばいくらでも抜ける仕事で、あえて他の人の数倍も頑張ることの大切さをはじめ、多くのことを教わりました。言うまでもなく、これは今の仕事にも生きています。

次に、コミュニケーション能力。
子供のときからどちらかというと人見知りをする性格で、以前は初対面の人と話すことが苦手でした。しかし、仕事の性質上、会って5分以内に相手の信頼を勝ち取り、心を開いて色々と話してもらえる状況にする、という技術を勉強する機会に恵まれました。
これは、生徒さんに恵まれた、という事情もあります。

また、英会話を学びに来る人々の目的も様々であるため、本気で勉強をしたいのか、それとも仕事の息抜きと考えているのか等、大分相手の真意を汲み取れるようになったと思います。
金融であれ、競馬であれ、生命工学であれ、どんな話題にでも合わせられるようになったことも言うまでもありません。

最後に、より磨きのかかった英語力。
ただ単に教えるためだけに英文法の勉強をしたのですが、これが今では私の日本語力との大きな差になっています。英語なら、どの言い回しが最適であるのかだけでなく、なぜその表現が最適であり、あるいはなぜその文法が正しいのかも解説できるようになりました。(実際に解説などはしないのですが、その分自信が持てる、ということです。)一方、日本語は未だに「なぜ」を説明できない、いわゆる普通のネイティブの状態です。
また、英語の間違いというものにも、ものすごく敏感になりました。
本を読みながらタイプミスに気づく、という芸当は、教える前にはできなかったことです。これも実は今の仕事でとても役に立っているスキルです。

3. 最後に
最初は受験勉強をする間のつなぎとして、それこそ「腰掛」的に始めた仕事でしたが、結果としては生徒さんをはじめ色々な人に支えられ、逆に学ぶことの方が多かったのではないのか、とさえ思えます。

せめて学んだ分だけでも、生徒さんに還元できたことを願うばかりです。

でも今後教えるとしたら、あくまでも教えるのが好きだから、ということになるでしょう。もうスクールに所属し、外国人に学ぶことを期待して来た人を取り込む努力をする必要はありませんし、またその気にもならないのです。逆に、私でなければ教えられないような特殊なニーズの生徒さんであれば、また教えることになるかもしれませんし、そのときにはこのブログを復活させることになるでしょう。

とりあえずの休止となりますが、訪問者の皆様には本ブログを盛り上げていただき、本当にありがとうございました m(_ _)m

(新しいブログへのリンクは、ここをクリックしてください)
posted by EnglishMaster at 16:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
明けましておめでとうございます。

とうとうこのブログが閉じられてしまうのですね。英会話講師でなくなっているのですから続けるのは難しいですよね。
最後の日記で堂々とGABAやNCBと名前を出していただき、すっきりします。もっとストレートにそれらの醜さを表しても良いとすら思います。GABAはおっしゃる通り、実態は講師の質が恐ろしく低い最低レベルのスクールですよね。
NCBには愛着ありますけど、問題は多々ありましたね。Mさん程の優秀な方をNative講師より低い待遇で雇うのはいけないことだと思っていました。生徒さんにとても愛されていただけにMさんの退職は僕から見るととても痛かったです。

次のブログ楽しみです。

今年も宜しくお願いします。
Posted by ニコ at 2008年01月03日 22:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/74953093
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック