2017年05月22日

「ちょっと飲み過ぎた」を英語で言うには?

前回の投稿で、「訪日中の取引先の接待」というシナリオを出した関係で、前から温めていたネタをもう一つ思い出したので、これを優先して書きたいと思います。

数年前になりますが、友人がアメリカからやってきたサプライヤーの接待に行ったとき、一緒にいた同僚が酔っぱらって、サプライヤーの方に絡み始めたそうです。友人は、「すみません、こいつ酔っぱらっているので」と謝って、何とか事態を収めたと言ったのですが、「英語で具体的に何て言ったの?」と尋ねたところ、

"He is ドランカー."

との答えが返ってきました。

当時、「ドランカー」が「酔っ払い」を意味する和製英語であることを知らなかった私は絶句しました。
え?「ドランカー?」もしかして「drunkard"(酔いどれ)」と言ってしまったの?

だって、一時的に飲み過ぎて酔っぱらった人と、「酔いどれ」は完全に別ものですよね。

"He's a drunk."
と言った場合にも、"drunkard"と言った場合と同じく、「アル中」とほぼ同じ意味になってしまいます。この場合、"drunk"は「酔いどれ」という名詞になるからです。

では、アル中では無いけれど、一時的に酔っぱらっただけの場合には、何と言えば良いのでしょうか。

"He's drunk."
これだと、"drunk"は「酔っぱらっている」という形容詞になるからです。

でも、「酔っぱらっている」とストレートに言うのも、ちょっと無粋な感じがしますよね。

このとき便利なのが、多くのイギリス人と一緒に働いていた時に知った、
"He's had a few too many."
という表現です。

訳すと、「最後の数杯分が余計だったね」という感じでしょうか?
"He's had a few too many to drink."
と言うこともできるのですが、最後の "to drink" は言わなくても分かるだろうということで、省略されることが多いです。
ちなみに、アメリカ人であれば、もっとストレートな
"He's had too much to drink."
のような表現を使うことの方が多いですね。

ちょっとだけ飲み過ぎた(最後の一杯だけ余計だった)ということを強調したい場合、
"He's had one too many."
と言うこともできます。

同僚のメンツを潰さないよう、さらに丁寧な感じにしたければ、
"I think he's had a few too many."
"He might have had a few too many."

のような「クッション言葉」を入れると良いでしょう。

自分についても、使えます。
"I think I may have had a few too many."
と言えば、「何か失礼があれば許してくれ」というニュアンスが伝わりますし、女性が「私、ちょっと飲み過ぎちゃったみたい」と可愛くアピールすることにも応用できます。

今度英語スピーカーと飲む時、是非活用してみてください!
posted by EnglishMaster at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック