2007年06月14日

The Real World

ちょうど大きな案件に巻き込まれてしまい、今日初めて残業(work overtime)をしないで帰ることができました。やっぱり現実世界(the real world)は厳しいですね。

しかし、もっと効率良く仕事ができれば、火曜日以外は残業をしなくても済んだはず。自分の力不足を実感(feel inadequate)するばかりです。
「転職する」と言う話をした生徒さんに「君は若いね」と言われ、その時は実感がなかったのですが、今になって分かりました。

新しいことを覚えるのは楽しいですが、ものすごいエネルギーが必要だからです。しかも、自分の思い通りにものごとが進まない、というのも結構ストレスになってしまいますね。
これに比べれば、英会話を教える仕事は楽だったなあ、なんて考えてしまいました。

しかし、思えば、英会話教師という一見楽な仕事であっても、慣れるまでにはかなりの挫折や失敗もありましたし、途中でかなりの勉強もしたものです。
どんな仕事であっても、高いレベルを目指せば大変であることに変わりはないですよね。

それに、新しい職場の同僚はものすごく親切で、ことあるごとに "Thank you," だけでなく、"This is wonderful!" "I'm really impressed!" "You've been a great help!" と連発してくるので、ついつい頑張ってしまいます。やっぱり人使いが上手い、ということでしょうか。
以前の上司にちょっと見習ってほしいくらいです。
posted by EnglishMaster at 21:50| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
先生、新しい職場で、さっそく大活躍されているようですね。嬉しいです。先生はとてつもない才能と能力を持っていらっしゃいます。
新しい職場の同僚の方々や上司にも恵まれているようですね。
英会話学校の多くの講師の方々(Nativeですかね)はどちらかというと講師以外の職員(上の立場のスタッフ)に対し、上司と認めたくない傾向が強いと感じますが、先生のような社会人としても立派に働いている方は、そういう上のスタッフに対して上司と認めることができるのですね。もちろんそれらの上司よりも先生の方がはるかに仕事ができるのは誰もがわかることですが。
僕もアメリカで英語を身につけた為、アメリカ英語に慣れています。僕の感想を言わせて頂きますと、たしかに英国の方々の英語は一つ一つの単語を綴りに忠実に発音していると思いますが、はっきり口を開けて話されていないことが多い為、慣れるには少し時間がかかるかなと思いました。
でも、"t"等がラ行っぽくなったり、聞こえない等はやはり初心者にとっては最も辛い部分でしょうね。
Posted by ニコ at 2007年06月17日 22:48
先生、まだまだ第一週ですから、慣れていない仕事は多少時間かかると思いますよ。いくらsuperな先生のような方でも。
一週間の疲れはこの週末で取れましたか。また、明日から2週目が始まりますね。
同僚の方々が羨ましいですね。先生のような優秀で、華やかな女性が職場にいると、刺激も受けるし、癒される部分もあるでしょうし、全てがプラスに作用することでしょう。
また、色々ご指導お願いします。
Posted by ニコ at 2007年06月17日 22:56
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44848874
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック