2007年05月25日

趣旨(2)

学校英語特有の問題で、能動態(active voice)の文を受動態(passive voice)の文に機械的に変換するのと同じくらい無意味に思えるのが、よく中学英語の参考書にあるらしい、第三文型の文を第四文型の文に変換せよ、という類の作業です。

(ここまで読んで「?」という状態の方は、「文型」という言葉を無視して例だけ見てください。5文型の区別などを気にしなくても以下の議論は理解できるはずです)

このような言い方をしてしまうと、中学・高校で熱心に英語を教えていらっしゃる先生方には怒られてしまうかもしれません。

でも第三文型(e.g. I gave the pen to Bill.)を使うことと、第四文型(e.g. I gave Bill the pen.)を使うことに、意味上にどんなニュアンスの違いが生じるのか、ということを全く考えずに、機械的に文を変換するだけである場合、ちょっと首を傾げたくなってしまうような文ができてしまったりします。

例えば、前述の単純な例ですが、
I gave the pen to Bill. (私はそのペンをビルにやった)
I gave Bill the pen.(私はビルにそのペンをやった)


これは、いずれも日本語の訳を見てもおかしくないですよね。ただ、前者は「ペン」というモノを強調してあり、後者は「ビル」という人を強調しているだけです。

では、以下のような場合はどうでしょう。

彼女は私に嘘を言った。


逆の日本語(i.e. 彼女は嘘を私に言った)を普通、使いますか?
なんとなく使わないような気がするのは、私だけでしょうか。
少なくとも個人的には、「嘘」という名詞を用いて「嘘を言う」という行為自体が、その嘘を言った相手を前面に押し出すことを要求している、という感覚がなんとなくあるのです。

ですから、前者に該当する
She told me a lie.
は、何の問題もありませんが、
She told a lie to me.
は、不自然さを感じるのです。それならいっそ、「嘘をつく」という動詞を用いて、
She lied to me.
にしてしまった方が良いのではないか、と。

機械的な文の変換に慣れてしまうと、このような感覚が失われてしまうような気がするのです。

少なくとも、第三文型・第四文型という紛らわしい言い方をせずに、「以下の文を、行為の対象となる人を前面に押し出すように書き換えよ」「以下の文を、行為の対象となるモノを強調するように書き換えよ」「以下の文を、なるべく代名詞を多く用いて書き換えよ」というような問題文を作った方が、よほど「使える英語」に近づけるのではないでしょうか。

以上、独り言でした。
posted by EnglishMaster at 23:51| Comment(4) | TrackBack(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
中学高校時代、いわゆる“純ジャパ”受験英語教育を受けてきました。
『give 物 to 人』→『give 物 人』という
書き換え仕方を、呪文のように何度も唱えさせられて、たたきこまれましたので。。。
いまだに覚えていますよ(笑)。
語数が若干少ないので第四文型のほうを使うのが、なんとなく多いかなぁ?という感じで、そのニュアンスの違いについては考えたことがなかったです。
とても参考になりました!
Posted by Jasmine Sweet at 2007年05月26日 10:56

すみません。
上記のコメント、書き間違ってました。
『give 物 to 人』→『give 人 物』ですね。^^;
Posted by Jasmine Sweet at 2007年05月26日 10:58
僕はあまり深くこの2通りの言い方について、考えたことはなく、give 人 物が一般的に使われるので、それを基本的に使うと良いでしょう、程度の教え方しかしていませんでした。先生からは学ぶことだらけです。ありがとうございます。
Posted by ニコ at 2007年05月28日 00:33
Jasmine Sweet さん、ニコさん、

コメントをありがとうございました。
確かに呪文のように覚えるのも一つの方法ですが、そうすると英語が無味乾燥なものになってしまいますよね。

やっぱり言語は生きているものとして捉えなければならない、と思います。
Posted by EnglishMaster at 2007年06月05日 00:14
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/42910588
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック