2007年01月08日

Eat up!

先週は妹と一緒に、先月このブログでも紹介した『ザ・ホワイトハウス』シーズン1の前半を見ました。
最初は「政治なんか興味がない」と言っていた妹ですが、だんだん物語りに引き込まれてしまったみたいです。(ただ、背景知識がなさすぎで、コールガールと娼婦はどう違うの?などと一々私に聞くあたりには少しうんざりしてしまいましたが)

母も忙しい中、興味を持って時々一緒に見ていたため、日本語字幕付きで見ていました。
字幕は回によって担当者が違うらしいのですが、全体的に上手く訳せており、勉強になる部分もありました。

ただ、一つだけ明らかに「誤訳」と言えるものを発見しました。
それともわざと全然違う台詞にしたのでしょうか...

第4話の最後の方です。

首席補佐官のレオが仕事に没頭したあまり結婚記念日を忘れてしまったことの埋め合わせとしてお祝いのディナーを企画し、その打ち合わせに仲間の知恵を借ります。結局奥さんはそれらの贈り物に見向きもせず、家を出て行ってしまうのですが、そんなことを仲間に言えないレオは、無理に笑顔を作り、あたかも上手く行ったかのようにふるまいます。

そのとき、1人が「バイオリニストはどうだった?」と聞いたのに対するレオの答えが
"You're right. After a couple of minutes, it was strange having him there, but you know... She ate it up!"
でした。
この字幕は
「やはり妙な雰囲気になってしまったが...料理は最高!」
となっていたのです。

この最後の部分に首を傾げてしまいました。なぜいきなり「料理」を持ち出してくるのか、ということです。(もっとも、この字幕を見た母は喜んでいたので、面白くしようとわざと間違えたことも考えられるのですが)

このように "eat sth up" を口語的に使うときには、私の愛用の辞書の定義を借りれば
4 slang : to exhibit avid interest in or enjoyment of
ということを意味します。

つまり、この場面でレオが言わんとしていたのは「妙な雰囲気になってしまったけど、それでも大いに喜んでくれたよ」ということで、料理には一切触れていなかったはずです。

この表現が良く使われるのは、マイナスの要素が入ってしまっているものを、受け取る側がそのマイナス面を気にせずに喜ぶ場合ですね。(上記の引用例文の "lurid" や "maudlin" が決してポジティブな言葉でない点にも注目してください)
例えば、単にお世辞で言ったつもりのことを相手が額面通りに受け取って、素直に喜んでくれたときに使います。

なお、この "eat sth up" だと、大いに熱中する、喜ぶ、という意味で、人が主語のときに "eat sb up" (e.g. I could just eat you up.)であれば「大好き」「溺愛している」という意味になります。
しかし、人ではないものを主語に持ってきて "eat sb up" という表現にすると ("Her jealousy just ate me up.")「悩ます」「うんざりさせる」というマイナスのイメージに変わってしまいます。
強いて言うなれば、前者は「食う」関係にあり、後者は「食われる」関係にあり、その差である、ということでしょうか。

最後に、目的語もなにもなしに、"Eat up!" と言うこともできます。
これは「召し上がれ!」という意味で、食事の時に使うものです。
posted by EnglishMaster at 21:53| Comment(1) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
僕の予想だとそれは誤訳でしょうね。NHKがどの程度のレベルの翻訳者を使っているかは知りませんが、これは仮にわからなかったとしても辞書で調べてもらいたかったですね。
咄嗟の通訳等では、わからない言葉が出てきたときは誤魔化すしかないし、それも仕方ないと思えますが、翻訳は時間かけて調べても良いわけですから。
ご家族がとても仲が良いのが伝わってきます。羨ましいですね。
Posted by ニコ at 2007年01月10日 22:21
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/31088364
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック