2006年06月25日

advice はどっち?

以前、学校英語教育を高く評価するような内容の記事も書きましたが、その反面、学校英語の限界を感じるときも少なくありません。

その典型的な例が、"should" と "had better" の違いです。

皆さん、アドバイスの時にはどちらを使いますか?

昨日この質問をした生徒さんは、"had better" の方が "should" よりも表現として柔らかそうなので、"had better" を使う、と答えました。
実際、読者の皆さんの多くも(すでに私のこの議論に付き合わされた方はともかく)同じように答えるのではないでしょうか。

しかし、これはとんでもない間違いなのです。

"should" はあくまでも理想を提示するときに使われるものであり、アドバイス的なニュアンスを持っています。
一方、"had better" だと「こうしないとまずいことがおこる」と言いたいときに用いられる表現であり、むしろ警告(warning)的な意味合いを持っています。"or else..."(さもないと...)という表現との組み合わせで使われることが多いので、そのように考えればイメージをつかみやすいでしょう。

"You'd better pay back every penny you owe by tomorrow, or else I'll be telling your husband about your gambling problem..."
チンピラが賭博の借金を取り立てようとしている場面が思い浮かびますでしょうか。

だから、ダイエット中の私が目の前の美味しいケーキを見て、
"I shouldn't eat this," と言った場合には、食べないことは「理想」に過ぎないので、結局食べてしまうでしょう。
でも "I'd better not eat this," と自分に言い聞かせた場合には、食べてしまった場合の悪影響が念頭にあるので、食べたいのを我慢するでしょう。

なぜこのような誤解が生じてしまうかというと、実は極めて簡単なことです。日本の学校では、すべて和訳して教えるため、
"should" → 「すべき」
"had better" →「した方が良い」
になってしまい、日本語を比較すると「すべき」の方が強いので、「ああ、should の方が強いのだなあ、ということになるのです。

最近、ネット上の掲示板で、日本の学校でもシチュエーションに即した、使える英語を一生懸命教えている熱心な先生がいることを知ったのですが、残念ながらその方は少数派に属しているように思えます。多くの先生は「どのような場面で使うか」までは考えず、「こういう訳だから」と字面を追うだけで終わってしまうのではないのでしょうか。
(確か英検1級か準1級の単語集にはこのふたつの表現の違いに注意を喚起する表記があったのですが、普通の参考書には載っていなかったような気がします)

英語は表現のツールなので、いつ、どのようなときに使うのか、という背景事情まで理解することが大事ですよね。

ところで、昨日 "should" の方が強いと思う、と答えた生徒さんですが、"had better" が非常に強い表現であるということを聞いて、相当ショックを受けていました。

「これって、上司に対しては使わない方が良いですよね?」と尋ねられたので、「まあ、そうでしょうね」(You probably shouldn't)と答えたところ、外資系に勤めている彼は、英語スピーカーの上司に毎日のように "had better" を連呼していた、どうしよう、と仰っていました。

今となってはもうその上司の方も理解してくださっているとは思うのですが、彼は「もう二度と使わない」と反省していました。

ここではじめて違いを知ったという方、英語でのアドバイスは "should" を使うべきであることを、くれぐれも忘れないで下さいね。
posted by EnglishMaster at 22:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/19847929
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック