2006年04月23日

恋人にすすめる英会話?

今日受けた模試で、なぜか、今週一番勉強した刑法の点数がここ一週間ほとんど手を付けていなかった民法の点数よりも低かったのです。
かなりショックでしたね。

しかし、帰りの電車の中で、そんな憂いを一発で吹き飛ばし、再び前向きな気持ちにさせてくれる出来事がありましたるんるん
(実は結構単純な性格です)

その出来事は、というと、京浜東北線の車内で探し求めていた広告を発見したのです揺れるハート
実はこの広告、前々からこのブログで取り上げたいと考えていたものの、最近はすっかり見かけず、もうネタとしては賞味期限切れ(past its expiration date)かと思い、かなりがっかりしていたのです。まだ生きていると分かったときにはすっかり感動してしまい、このチャンスを逃すまい、としっかりと手帳に詳細を書き写しました。

はたから見ればとんでもない変人ですよね (^^;

さて、そのどうしても取り上げたかった広告と言うのは:


恋人が
英会話を習うと
言い出したとき、
マンツーマンを
すすめた方が
いい理由


もしあなたの彼女が英会話を習いつづけたばっかりに、オシャレするお金も減り、デートする時間も減り、おまけに異性の生徒に囲まれつづけてる!なんてことになったら大変。時間とお金を効率良く使うマンツーマンなら安心では?生徒も1人だし。


というものです。

皆さんはこの広告を見たとき、どう感じられました?

私は、こんなふざけた広告を見たことはない、と呆れてしまいました。
(これは以前批判した「あなたの英語は何色?」とは大違いです。あの広告は、英会話スクールである以上もっと見本になるような英語を使うべきだ、と思っただけで、発想そのものは素晴らしいと考えていますから)

話を元に戻します。

なぜ、この広告を見て呆れてしまったのか。

まず、恋人が「英会話を習いたい」と言い出したときに、意見を求められたならまだしも、口を挟む(put in one's two cents' worth)ものなのでしょうか。
世の中にはことあるごとに自分の意見を言わずにはいられない男性が多数存在することは経験上知っておりますが、女性からすればはっきり言ってあまり面白いものではありません。
何もそれを奨励するようなことをしなくても良いのに...

百歩譲って、彼女に意見を求められたとしましょう。
次に問題なのはすすめる理由です。
自分の経験に基づいてすすめるならまだしも、それなら広告でわざわざ促す必要などありませんよね。
私が思うに、この広告は「この広告で見た内容に基づいてマンツーマンを彼女にすすめなさい」という、いわば伝聞(hearsay)に基づいて彼女に意見を押し付けるのを堂々と肯定しているのです。

ちなみに私は、自分ではよく分かっていないくせに、伝え聞いた内容に基づいて「こうした方が良いよ」と言ってくる男性が大嫌いです。

また、異性の生徒に囲まれていないから安心!なんて、一体何を考えているのでしょう。むしろ、彼女が異性の先生に夢中になってしまったときにブレーキの役割を果たしてくれる他の生徒がいないことを心配すべきではないのでしょうか。
英会話スクールで恋が芽生えるなら、それは生徒同士よりも先生と生徒の間の方が圧倒的に多い、という事実を全く看過していますね。
そして異性の先生に彼女を奪われるのを心配するなら、このスクールでは椅子の配置が向かい合わせではなく、同じコンピュータ画面を見られるようにほとんど並んで座る配置になっていることを他の広告で強調している点に注意すべきです。

極めつけは、何と言っても広告に掲載されている写真です。
すらりとした女性が1人で頬杖をついているテーブルの上に、りんごが載っているのです。
広告をデザインした人、また最終的にOKを出した人は、果たしてりんごの記号論的な意味を理解していたのでしょうか。
(りんごは古代ローマでは美と恋の神、ヴィーナスに奉げられていたことから恋愛との関係性が非常に強いとされています。そのため、結婚を祝う絵画などによく登場しますよね)
理解して使っていたなら、脱帽もの(Hats off to them!)なのですが...
深読みしたのは私だけでしょうか?

追記:「期限」について一言

この記事の古いバージョンでは賞味期限に due date という表現を使っていましたが、これは間違いです。due date とは単に「期限」という意味しかありません。主に債務の期限や赤ちゃんの予定日を指すために使われます。
以下、お詫びとともに訂正させていただきます m(_ _)m

賞味期限は厳密には "best before" date もしくは "best by" dateです。
その期限を過ぎても、味は落ちるものの(best の状態ではないものの)、食べられないことはないからです。

訂正されたバージョンで用いている expiration date は厳密には「消費期限」です。
でもなんとなくこの場面では best by date よりもこっちの表現がしっくりくるような感じがしたため、括弧内の英訳が日本語の本文と若干ズレています。ご了承ください。

なお、expiration date はクレジット・カード、免許証、パスポートなどの「有効期限」をも指す、非常に便利な言葉です。あまりなじみの無い言葉だ、と思われた方は是非使えるようにしておきましょう。冷蔵庫の賞味期限切れの食べ物を探して、The expiration date on this cheese was one month ago, と言いながら捨てるのも良い練習かもしれません。
(そんなに古い食べ物が転がっているのは我が家の冷蔵庫だけ??)
posted by EnglishMaster at 23:27| Comment(3) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
たねぞうさんのHPでは、大変お世話になっております。
マーライオンですm(_ _)m

>私は、こんなふざけた広告を見たことはない、と呆れてしまいました。

これって、あの有名学校の広告ですよね。私も呆れました。

『もしあなたの彼女が英会話を習いつづけたばっかりに、オシャレするお金も減り、デートする時間も減り、おまけに異性の生徒に囲まれつづけてる!なんてことになったら大変。時間とお金を効率良く使うマンツーマンなら安心では?生徒も1人だし。』
私の場合は、これ↑読んで、「超・封建的…」「余計なお世話」って思ってしまいました。よく、こんなキャッチコピー、反対意見が出ず、採用されましたね…。なんで、習ってる本人のことや本人の意思に訴える事じゃなくて、彼氏(第三者)に訴えるのかが、わけがわかりません。広告コメントを考えた側としては、「違う方向から訴える内容。他の学校にはないユニークさを出す」って考えたのかもしれませんが…馬鹿馬鹿しいです。

それに、「生徒同士の異性関係でモメたこと」より、「マンツーマン学校の教員が、女性の生徒にセクハラをして迷惑をかけた」といった事の方が、ネットで聞きますので…「マンツーマンの方が安心!」という発想がまったくわかりません…(持って行き方が無理矢理すぎる)。それに、生徒同士の恋愛だったら、自由ですし…。教員が生徒に手を出したら問題ですが。

私個人のことなのですが…私も彼氏がいるのですが(遠距離恋愛なのですが)…相当、英会話学校での人間関係を口出しされます…。どんなことを口出しされるかと言うと、「生徒に男はいるのか!?クラスメイトに男はいかん」「マンツーマンのとき、当然、生徒は、教員の性別を選べるのだろう!?当然、女の先生を選ぶんだぞ!男の教員を選んだら、別れるからな!(←本気で言ってます)」。決め台詞では、「こう口うるさく僕が言うのは、愛してるからこそなんだぞ!」と、言われます…。
私のクラスメイトには、異性では“60代のおじさんが一人だけ”いるのですけど、それも、私の彼氏から警戒されてます。馬鹿馬鹿しいです…(´Д`|||) 。現実に、こういう男がいるから、あのキャッチコピーは採用されたのかもしれません…。
Posted by マーライオン at 2006年04月25日 08:30
連続投稿すみません。

>むしろ、彼女が異性の先生に夢中になってしまったときにブレーキの役割を果たしてくれる他の生徒がいないことを心配すべきではないのでしょうか。

そうですよね〜σ(^_^;)
(それと…「嫉妬深い人は、自分が浮気をしやすいので恋人を信じられないからだ」って噂も巷であるようなのですが、私の彼氏の場合は、毎日昼でも夜でも「何してる?何してる??」って電話してくるので、その噂の人には当てはまらないようです…。)

>私が思うに、この広告は「この広告で見た内容に基づいてマンツーマンを彼女にすすめなさい」という、いわば伝聞(hearsay)に基づいて彼女に意見を押し付けるのを堂々と肯定しているのです。

仰るとおりですよ…。

というか、あの広告から連想してしまったのが、「男女7歳にして席を同じくせず」って言葉です(;´Д`A
私は、欧米に住んだことないので、欧米の価値観はよくわかりませんが…もしも、日本語がわかる欧米の人が、この学校の広告を読んだら、「日本って、下司な価値観の民族だな。学校に来る=異性とどうになかるぞ、なんて、まだそんな保守的発想してる国なのか」って思われるのが恥ずかしいです…。
台湾の留学生から、「日本は、性的なことに関しての考え方が下司。私が異性友人の写真を壁に貼っていただけで、すぐに『恋人?』って聞いてくる日本人の感覚がわからん」って、指摘されたことがあったので…。
Posted by マーライオン at 2006年04月25日 09:10
マーライオン様、長文の丁寧なコメント、どうもありがとうございます m(_ _)m

ふと思ったのですが、ここに書いた内容、一旦英語に直してみたらどうでしょう。すごく良い勉強になると思います。
(でもグループレッスンだと先生に添削してもらうのは難しいかもしれませんね)

コメントで指摘された広告を考えた側の視点については、なるほど、と思いましたね。
私は全然そこまで頭が回らなかったです。

マーライオンさんの彼のような方、案外世の中に多いのかもしれません。
私をリクエストしてくださる生徒さんには圧倒的に女性が多いのですが、実は私の教える技術云々よりも、彼女たちも彼や夫から「女の先生を選べ!」と言われているからかも、とふと考えてしまいました (;_;)

でも本当にそのような人だったら、あの広告を見て「絶対あそこには行くな!」と叫びそうですよね。

なお、マンツーマンだと結構女性の生徒の方から男性の教師に積極的にアプローチしていくことが多いみたいです。英語を話していると普段より大胆になれるのかもしれません。

ところで、最後のコメントがちょっとだけ気になりました。
日本語ができる欧米人が広告を読んだ場合、日本人の価値観に呆れてだろう、ということだったのですが、私は必ずしもそうだとは思いません。ただ単に「何てセンスが悪い広告だ。こういう下種なことを考える連中もいるんだな」という程度ではないでしょうか。

確かに私が教えている生徒さんの中にも何かにつけて「日本人は」や「欧米人は」などと枠にはめるのが好きな方が多いのですが、それはかなり危険な考え方のように思えます。
少なくとも、あの広告一つだけで「日本人は○○だ」と拡大解釈してしまうような外国人はそれほど多いとは思いませんし、またそれほど多くないことを願います。
Posted by EnglishMaster at 2006年04月28日 16:54
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16961619
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック