2006年03月18日

Baseball challenge

木曜日、最近のニュースについて語るというレッスンの中でメキシコがアメリカに勝ったという話題で生徒さんとひとしきり盛り上がった後、話はまたもや「疑惑の判定」(disputed call)を下した Davidson 審判(umpire)と日米戦に移りました。

そのとき、彼女は日本がサヨナラ負けしたことを説明したくて、9回裏(the bottom of the ninth)で攻めていたアメリカが日本にリードしたため、そこでスリーアウトを待たずして試合が終わったという風になかなか上手く説明したのですが、「これを英語でどういうのですか?」と聞かれた時にどうしてもその場で答えが出てこなかったのです。サルも木から落ちる、ということでしょうか。(次にいらっしゃる時までに手紙でフォローをしておかなければなりません)

ちなみに、「サヨナラ負け」に該当する英語はありません。「サヨナラ勝ち」にもっとも近いのが「決定打」を意味する "winning run"。でも日本語の「サヨナラ勝ち」にあるような、勝利をさらって走り去っていくような快感さにはちょっと欠けますね。

そこで思いついたベースボール・チャレンジ。
ホリエモンの起訴の時と同様、NYTの記事から出題しますので、興味のある方はhttp://www.nytimes.com/2006/03/17/sports/sportsspecial/17usa.html
にアクセスして参考にしてください。
これはアメリカがメキシコに敗れた試合を報じたものです。

では出題です。
以下の日本語を英語でどう言うか、もしくは記事の中でどう表現されているかを探し当ててください。

楽勝
二次予選
準決勝
(出場)枠
失点(もしくは打点)
守備イニング
先攻・後攻
(準決勝に)進む
盛り返す
ゴロ
一塁打(もしくは一塁打を打つこと)
二塁打(もしくは二塁打を打つこと)
犠牲バント(を打つ)
屈服する


最後になりますが、日本のマスコミでしきりに用いられている「タナボタ」、つまり「棚からぼたもち」についてです。英語では期せずして幸運がころがりんだ場合、"to fall/drop into [someone's] lap" と言います。棚から落ちてくる場合と、膝に直接落ちる場合とでは、なんとなく後者のほうが生々しい感じがしません?
posted by EnglishMaster at 23:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック