2006年02月27日

ピカピカの英語力

先週、電車の中でパッと目に付いた某英会話学校の広告:

ふわふわのセーターも
キラキラのアクセサリーも欲しいけど、
一番欲しいのは、
ピカピカの英語力だったりする。

I want a soft, fluffy sweater.
I want shiny, glittering jewelry.
But what I really want is sparkling English skills.


まず、「ピカピカ」がなぜ "sparkling" になるのかが良くわかりません。Sparkling はどちらかというと輝きを放つもの、もしくははじけているもの(発泡性のペリエなどは "sparkling mineral water" ですよね)を形容するために用いられているのに。sparkling なら「キラキラの英語力」にした方が良かったのではないでしょうか。

ちなみに、「ピカピカ」に最もよく当てはまると思うのは "polished"。「磨き上げられた」という意味です。そしてこの形容詞は事実、知性とウィットに礼節までも兼ね備えた上級の語学力を形容するためにしばしば用いられます。
ただし、「磨き上げられた」ものを手に入れるのは容易ではありません。相当な努力と時間、そしてそれなりのメンテナンスも必要です。
間違ってもセーターやアクセサリと同列に語れるものではないのです。


どうでもよい瑣末的(negligible)な議論はさておき、私の目がなぜこの広告に釘付けになってしまったかというと、この広告の潜在的メッセージに反感を抱いてしまったからだと思います。
少なくとも私の解釈では、この広告は

私は別に英語を必要としていない
特に目標があるわけでもない
でも英語がしゃべれたらいいな、と思う


といわんとしているように思えてしまいました。

別に動機は人それぞれであって良いと思いますし、最初は確固たる目的がなくても勉強するうちに芽生えてくるのかもしれません。
しかし、最初から何らかの目的ないし必要性があった方がモチベーションも高く、熱意があり、挫折することも少なく、結果として生徒さんの満足度も高いことは事実です。
まことに勝手ながら、教える側からしてもちゃんと目的意識を持っている方(それは「ボケ防止」や「仕事の息抜き」というものでも構いません)のほうがはるかに教えやすく、楽しくもあります。
なぜ、(少なくとも私の経験から見れば)満足させるのが難しく、挫折してしまう可能性が高い人をわざわざ広告のターゲットに絞っているのでしょう。

もっとも、これは私が深読みをしすぎているだけかもしれません。
この広告が良いな、と思った方、共感できた、という方がいらっしゃったら是非感想をお聞かせください。

posted by EnglishMaster at 16:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック