2006年02月09日

完了形の魅力

今朝、レッスンで生徒さんにいきなり「日本語を使っても良いですか?」と聞かれたのでびっくりしてしまいました。
聞くと、過去形(simple past)と過去完了(past perfect)の違いがどうしても分からない、と言うのです。

幸い、墓穴を掘らずに簡潔に説明を済ませることができて、「日本人の先生で良かった」と感謝されたのですが、実は説明よりもそのときに挙げた例文が良かったのかもしれません。

というのも、テキストに載っていた例文にはあまり過去完了を使う意味がなかったからです。言い換えれば、その生徒さんが指摘されたとおり、別に過去形の節を二つ並べてもあまりニュアンスが変わらないものだったのです。

では過去完了はいつ使うべきなのか、というと、過去における二つのできごと前後関係を指摘した上で、@「すでに(already)〜していた」A「まだ〜していなかった(not 〜 yet)」などのニュアンスを強調したいときや、Bその二つのできごとの間の時間的経過を説明したいときです。

例えば、若干公序良俗に反する例ですが、すでに空っぽになっていた金庫をやっとの思いでこじあけた泥棒を考えてください。
過去形だけを使えば
Someone emptied the safe before he opened it. (彼が金庫を開ける前に誰かが空にしていた)
もしくは
He opened the safe after someone emptied it. (彼は誰かが空にした後にその金庫を開けた)
という文が考えられます。
いずれもなんとなくそっけないと思いません?

一方、過去完了を使えば
When he opened the safe, someone had already emptied it. (彼が金庫を開けたとき、誰かがすでに空にしていた)
になります。
@の例ですが、この方がはるかにその泥棒の「しまった!」という感情が上手く伝わってくると思いません?

また、Aの例としてはある企業の買収を企んでいるファンドを想像してみてください。
They started planning the takeover before the the company went public.(彼らはその企業が株を公開する前から買収を企画し始めた)
よりも
When they started planning the takeover, the company hadn't gone public yet. (彼らがその企業の買収を企画し始めた時点ではまだ株が公開されていなかった)
の文の方がそのファンドの計画性、というか虎視眈々とその企業を狙っている様子が伺えますよね。

今日教えた生徒さんが作ってくれた文の一つは
"When I got home, everyone had already finished eating dinner." というものでした。
昨日、奥さんの誕生日を祝うためにせっかくケーキを買って帰ったのに、帰ったらすでに家族のみんながご馳走を食べ終えていた、というのです。何も言わなくても、彼ががっかりしたのが分かります。

さらに時間的経過の例だと、
We lived together for five years. Then he finally proposed to me.(私たちは5年間同棲した。その後、彼がようやく結婚をプロポーズした)
よりも
We had been living together for five years when he finally proposed to me. (彼にプロポーズされたとき、私たちはすでに5年間同棲していた)
の方が色々と想像の余地があります。ずっと待っていたのか、待ちくたびれていたのか、諦めていたのか、それともマンネリ化していたのか...

とここまで考えて気づくいたのが、完了形は想像力を刺激する時制である、ということです。

現在完了を例にとってみましょう。
とっても簡単な "I haven't had dinner yet," (私はまだ夕食を食べていない)のような一文でも色々なことが想像されます。お腹が空いているのだろう、忙しかったのだろう、これから食べるのだろう、更には食事に誘って欲しいのだろう、等々。

使いこなせると楽しい時制ですよね。
想像力に富む知的で楽しい会話を目指して、頑張って活用してみましょうるんるん

breguet.gif
posted by EnglishMaster at 15:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック