2006年01月26日

センター試験

日曜日の新聞に今年度の英語のセンター試験が載っていたため、どんなものだろう、と試しに解いてみました。

内容が今実際に社会人相手に教えているものとかなり重なっていたのには驚きました。例えば発音問題。母音の異動云々と言う瑣末的なことよりもアクセントとリズム感という本質的な点にポイントが絞ってあり、多くの生徒さんが間違える photography の第一強勢の位置を指摘させる問題や、文中でどの言葉が強調されるべきかを問う問題がありました。
また、会話文に登場した道順を頼りに実際に図の上のどの位置を指しているいるのかをみつける問題など、かなり実践的な内容のものもありました。

以前も学校教育のレベルの高さを指摘したことがありますが、このレベルのことが完璧にこなせれば、学校英語だけでもとりあえずは困らないレベルに達しているはずです。社会人でも苦労する方がたくさんいらっしゃるのはなぜなのだろう、と改めて考えさせられてしまう今日この頃です。
posted by EnglishMaster at 16:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック


Excerpt: 第二強勢が で表され、その音節の前におかれる。イタリア語やスペイン語では普通、語末から二番目(''penultimo'')の音節に強勢が置かれる。イタリア語で
Weblog: 英語学習教習所
Tracked: 2007-07-27 14:33