2005年12月25日

Season's Greetings!

少し遅くなってしまいましたが、Merry Christmas, everyone!
皆さんはどんなクリスマスをお過ごしですか?

ちなみに、私はクリスチャンではありません。
子供の頃、ユダヤ人の友人のお母さんに「あなたたち、クリスチャンでもないのになぜツリーなんか飾ってるの?!」と怒られた記憶があります。しかし、どのような宗教に対しても寛容で、良いところをどんどん取り入れていこうと言う極めて日本人的な考え方が私は好きです。
我が家では未だにサンタさんが来ます。最近は家族の予定が合わなくてプレゼントを交換するのはクリスマスではなく、元旦になってしまったりするのですが。

さて、挨拶についての注意を一つ。クリスマスと新年に共通して言えることなのですが、前日までの挨拶は完全な文の形を取ることが多いです。
"I wish you a Merry Christmas and a Happy New Year!" のように。
この場合には "a Merry Christmas" や "a Happy New Year" のように、冒頭に "a" が付きます。
"Have yourself a merry little Christmas..." という歌もありますよねるんるん

一方、主に当日になって用いられる、完全な文の形を取らない挨拶では
"Merry Christmas!"
"Happy New Year!"
のように "a" が付きません。
年賀状用の素材集でよく "A Happy New Year" というあいさつ文を目にしますが、これは厳密にはかなり格好が悪いので注意しましょう。

ところで、アメリカでは最近、"Merry Christmas!" という挨拶や "Christmas season" "Christmas sale" という言葉の用いられ方がかなりの物議を醸しているみたいです。一方では、アメリカはもともとキリスト教の国なのだから、この時期に"Christmas" という言葉を前面に出して構わないし、むしろそうすべきだという人々。
他方には、アメリカにはもはやたくさんの宗教を信じる人がいるのだから、公の場で一つの宗教を盛り上げるような表現は避けるべきであり、挨拶としては "Season's Greetings" のような中立的なものを、またこの時期自体も "Holiday season" や "Holiday sale" という表現で形容すべきだ、という人がおり、かなりお互いをバッシングしているみたいです。
みなさんは、どう思われますか?

balsam-christmas-wreath-traditional-small.jpg
posted by EnglishMaster at 22:34| Comment(1) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こちらにはおひさびさです◎
上記の議論はずいぶん前からしてますよね。
僕の意見は、相手にその場、その場で配慮したら、別段、Christmasというphraseを使っても、
めくじらたてて論じるようなことではないのでは、と思います。議論するなら、アメリカは他に大事なことがたくさんあるんじゃないかと。

Posted by Dean Corso at 2005年12月25日 23:30
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

クリスマス???
Excerpt: いきなりの日記がクリスマスっていうのも、 なんだかなあと思います(笑)。 軽くスルーしまして、 来年の…
Weblog: DeanCorsoの日記
Tracked: 2005-12-25 23:20