2005年12月05日

「遊び」と play

昨日のパーティネタの続きですが、あるとても積極的な生徒さんが

"Please play with me sometime."

と誘ってくれました。
その方はそんなつもりではなかったのでしょうが、私としては「今度遊びましょう」と言いたいのだな、と頭が翻訳するまで一瞬ギョッとしてしまいました。

なぜなら、 "to play" は必ずしも日本語の「遊ぶ」とは同義ではないからです。
というより、「遊び」に対する考え方が日本語と英語では全く違う、と考えるべきなのでしょうか。

(ここでは楽器の演奏、スポーツの試合、演劇・映画の役柄等の他動詞的な用法はひとまずおいておいて、自動詞的な用法だけについて考えます)

まず、英語では "play" は基本的に子供がすることである、という風に考えられています。"Play chess" でも "play golf" でもなく、目的の無い、ただ遊ぶための「遊び」は子供のすることである、ということなのでしょうか。
上記の誘い方も子供が言うのであれば特に問題はありません。

しかし、大人同士の場合の "play"、特に "play with someone" という組み合わせ となると、かなり危険な意味合いを帯びてくる可能性があります。
具体的な解釈としては少なくとも二つの方向性が考えられます。一つは「肉体関係を持つ」という意味。もう一つは「弄ぶ」という意味になります。(そのような用法は初めて聞く、という方は是非 "play with" という組み合わせで辞書を引いてみてください)
これらいずれの場合においても日本語で言う「遊ぶ」という本来意図している意味から大きく外れてしまいますよね。
必ずしもこのように解釈されてしまうとは限りませんが、誤解はなるべく避けたいものです。注意してください。

その後、その生徒さんにも "play" では誤解を招くおそれがあるから "Let's get together sometime," などにしておいた方が良いですよ、と指摘しておいたのですが、なぜ "play" を使うべきではないのか、ちゃんと伝わったのでしょうか。不安です。

ついでなので、恋愛関連での "play" の用法をいくつか紹介しましょう。
"to play games (with someone)" は「駆け引きに興ずる」という意味です。
"Let's quit playing games" と言われたら、「変な駆け引きはいい加減にやめよう」ということです。(これは恋愛以外にも当てはまりますが)
"to play around" とは浮気をすること、もしくは浮気であること。ある男性について "I hear that he has a reputation for playing around," と言われたら、その人はなるべく避けた方が賢明でしょう。
"to play the game" は駆け引きとも関係しますが、いわゆる「恋愛のルール」を理解した上でそれを上手く利用する、という意味になります。ビジネスの世界においては「ビジネスのルール」の効果的な利用、ということになりますね。いずれにせよ、"She knows how to play the game," と言われている女性を相手にするのであれば、彼女の手の上で踊らされる羽目になる危険性が高い、と肝に銘じておきましょう。
posted by EnglishMaster at 01:11| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは。
英語ダイスキな中2のりんかと申します!
知恵袋さんで「遊ぶ」を調べてて、このブログに
たどりつきました。

これからも参考にさせていただきますね!
Posted by rinka at 2011年01月07日 19:39
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10213253
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック