2005年12月01日

Engrish!

この間、怪しげな英語の例として the b'akasaka を紹介しましたが、あれではまだまだ甘いみたいです。

先ほど、10年近く"Engrish"、すなわち主に日本人による勘違い英語の例を収集しているサイトを友達に教えてもらいました。
かなり笑えます。
興味がある方は是非 Engrish.com を訪問してみてください。

なお、サイトのトップページで紹介されている "sham poo" というラベルのついたシャンプーですが、なぜ可笑しいのか分かりますか?
よく分からない、という方は是非 "sham" と "poo" の二語に分けて辞書を引いてみて下さいるんるん
【関連する記事】
posted by EnglishMaster at 23:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 和製英語? | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/10074264
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック