2016年05月18日

「地名」的なミス?

今月、ムービープラスで放送されている、『ザ・ホスト 美しき侵略者』で、珍しい字幕の間違いを発見。

"Fort Worth"という地名がでてきた台詞の字幕が、見事に直訳の「ワース基地」になっていました。

翻訳をされた方は、"Fort Worth"がテキサス州の都市名ではなく、実際の基地の場所(設定は、基地も軍隊もなくなった未来)と勘違いしたのでしょうか?
テキサス州に行ったことがなくとも、ANAとJALの両方が就航している「ダラス・フォートワース空港」の名前を聞いたことがあれば、普通に「フォートワース」と訳したと思うのですが・・・少し残念ですね。

もう一点残念だったのが、登場人物の一人である「Doc」の訳し方。
元医者ということで、みんなから「Doctor」を略した「Doc」という渾名で呼ばれているのですが、これが字幕で何箇所か「医者」と訳されていました。
渾名であるという感じを出すなら「先生」の方が良い訳で、実際にほとんどの場面では「先生」と訳出されていたため、余計がっかりな感じです。
まさか映像翻訳の場合には、最後に見直して統一感をチェックできない・・・ことはないと思うのですが?

販売されているDVDでも同じ字幕なのか、少し気になるところです。




ちなみに、これを観たくなったのは、一世を風靡した『トワイライト』シリーズと同じ作者による原作を読んでいたからです。
『トワイライト』はやたらと長かったこともあり、読んでいて途中で食傷気味になった上、映画に至っては途中で観るのをやめてしまったのですが、こちらの話は原作も映画版も比較的テンポがよく、映画では実力派の俳優が揃っているので『トワイライト』よりもはるかに見応えがあります。



SF好きで、気になる男性に対するドキドキの描写が(トワイライトほどではないけれど)延々と続くのが嫌でない女子には、是非オススメしたい一冊です。
少し分厚いのですが、大学受験レベルの語彙があれば、余裕で読めると思います。

なお、この映画の監督を務めたAndrew Niccol氏は、私の大好きな『ガタカ』というSF映画の監督でもあります。
こちらの方が、純粋なSF映画としてのメッセージ性が高いですね。





posted by EnglishMaster at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

ブログ復活!

実はしばらく前に奴隷という身分から解放され、英会話教師業も復活させているため、このブログも復活させることにしました。

長い間放置していたため、まずは荒れ放題になっている部分の片付けに着手しなければならないのですが、字幕で気付いた点や、生徒・友人等からの英語に関する質問やコメントをベースに、また細々と綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

posted by EnglishMaster at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。