2007年03月10日

電子辞書の選び方

電子辞書については、以前も何度か言及したことがあるのですが、先日「どのようなものを選べば良いのかが分からない」という質問を受け、肝心の選び方については英文でしか書いていなかったことを思い出し、ここで私なりの考えを整理したいと思いました。

まず、そもそも電子辞書が必需品か。

となると、必ずしもYesではないと思います。

仕事で英語を使う場合は、あった方が良いでしょう。特に英文でのメールのやり取りが多い場合には、言葉を正確に使い分けるためにも、あった方が便利です。
ただ、そんなにお金を投資したくない、メールが主だ、という場合であれば、『英辞郎』のネット版(無料)で用が足りることも多いみたいです。

仕事で英語を使わない場合は、レベルにもよります。

英会話初級者であれば、電子辞書はあまり必要はないと言えるでしょう。どうしても、という場合には、ポケット版の英和・和英辞典を持ち歩き、それで間に合わない分は直接先生に聞くか、家に帰ってから調べる、という形を取った方が良いと思います。
辞書に頼りすぎてしまうと、自分の頭で考えて工夫する、というステップが抜けてしまうからです。

ただ、中級以上になれば、辞書はあった方が良いですね。しかもこのレベルでは、辞書の使い方を学ぶ良い機会でもあるので、紙の辞書よりも複数の辞書が収録された電子辞書の方が勉強になります。

中学生・高校生であれば、紙の辞書の方が良いような気もします。自分で線を引いたりすることもできますし、速く検索するための訓練はそのまま長文読解の訓練にもなりますから。それに、手垢で黒くなった辞書を見ると「ああ、一生懸命勉強したなあ」という実感が湧きますよね?


以上より、具体的にどのような辞書がお勧めかと言うと:

英会話初級者であり、かつあまり語彙に自信がない場合

このレベルでハイエンドの辞書を買っても豚に真珠です。使いこなすことができません。ですから、身の丈にあったものを選ぶのが大事です。
最低限そろえたいのは、良い学習者向きの英英辞典。『ネイティブのように辞書を引こう』で紹介したオックスフォード現代英英辞典(Oxford Advanced Learner's Dictionary)や、Collins Cobuildあたりが、比較的易しい言葉を用いて丁寧な説明がなされており、使いやすいと思います。
これが一つ入っていれば、英和・和英がジーニアスのみ(結構首を傾げたくなるような記述が多く、個人的にはあまり好きではないのですが)であっても構いません。ただ、英英辞典が入っていないものは、なるべく避けるべきです。

中級以上の場合
この場合にぜひ持っていたのは、英英の類語辞典です。これは語彙を増やすのに非常に役に立つからです。

会話はあまり得意ではないが、仕事で専門用語を使う必要性がある、もしくは、語彙には自信がある場合
上級者の場合

英和・和英・英英で大辞典があった方が良いでしょう。ただ、使いこなすためにはあるていど語彙が必要なので、それは肝に銘じておくべきです。
また、上級者であれば、研究社の『英和活用大辞典』もそろえておきたいかもしれません。これは言葉の微妙なニュアンスの違いや、良い組み合わせを知ることができます。


大体、私が考えるところの適性は上記のようなものですが、個人的な相性や使い勝手も大事です。
一番良い選び方は、
1.よく知っている言葉
2.最近知った言葉
3.知りたいと思っている言葉

をそれぞれいくつかリストアップしておいて、店頭で辞書で引いてみることです。このリストに専門用語が入っていたら、「やっぱり大辞典がないとだめだ」と思うかもしれませんし、定義をみて「大辞典でも使いこなせそうだ」と思うかもしれません。
ジャンプ機能(個人的にはこれが一番重要)もメーカーによって使い勝手が違うので、一括検索や、同じ言葉で英和→英英へとジャンプしたり、和英で出てきた単語を英英で引きなおしたり、といろいろと試してみると良いでしょう。

大事なのは、「今」の自分のニーズに合っているものを選ぶことだと思います。消耗品ですし、もっと良いのが欲しくなったら、家族や友人・同僚に譲ればいいのですから。

少しでも参考になれば幸いです。
posted by EnglishMaster at 16:53| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする