2007年02月18日

リーディングの技術

中上級レベルになってくると、必然的に「読む」量も多くなってきますが、そのときに気になるのが、多くの人が学校で英語を習ったときと同じような読み方をしている点です。

その読み方とは、冒頭から丁寧にしらみつぶしで読んでいくことです。分からない言葉があれば辞書で引き、どのような構文であるかまで理解しないと気になって仕方がない、という方が結構いらっしゃいます。

でもそのような読み方が必ずしも良いとは限りません。特に複雑で長い文章を読んでいるときであれば、「木を見て森を見ず」という状態になりかねないからです。

このような状態に陥っていた生徒さんを先週教えていたときに思いついたアナロジーが「家を建てる」です。

一部屋一部屋内装まで完成させながら工事を進めていった場合(増築した場合を想像すると良いでしょう)、時間がより多くかかりますし、割高でもあります。下手すれば、どこかで辻褄が合わなくなって変な段差ができてしまう、という危険性もあります。

一方、通常はまず骨格を作り、それに肉付けをしていき、重要だと思われる部分にはお金を注ぎ込んで、そうでないところは適当に手を抜きますよね。

リーディングでも同じです。

全体的な文章の構造を掴んでから、重要と思われるポイントだけを拾い読みして、分からない単語は文脈から推測する、というテクニックを身につけるだけで、大分英語を読むのも楽になり、時間も短縮できるのです。

それを意識して、最近は、(もちろん相手にもよりますが)長文のリーディングを苦痛に感じているらしい生徒さん相手の時には、いかにして読まずに理解するか、という不謹慎なことに力を入れています。

ちなみに、少なくとも予備校では、試験対策として段々このようなテクニックを教えるようになってきているみたいですね。

とはいえ、これはケース・バイ・ケースで、始めにあらすじを頭の中に入れておくのは必ずしも最良の方法とは言えません。
だって、推理小説を読む前にあらすじを読んでしまったら犯人が誰かが分かってしまうでしょう?

そんなわけで、先週手に入れたプラトンの『国家』の英訳版を読むときに(恥ずかしながら、私はまだ読んでいなかったのです)、私はあえて冒頭に親切に添えてある「各巻のあらすじ」を無視して、いきなり本文と悪戦苦闘しています。

最初はソクラテスが単に相手の揚げ足を取っているようにしか思えなかったのですが、一生懸命議論を追っているうちに「ひょっとしたら最終的にはこのような指摘をしたいのではないか」とひらめいたりします。
これは結構楽しいです。

それとも単に暇である、というだけのことでしょうか。
posted by EnglishMaster at 23:18| Comment(2) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

A Naruhodo! Moment

普通の辞書には中々載っていないかもしれないと思われる表現だけ、最後に日本語で解説してあります。

Some of my co-workers complain that after listening to mistakes all the time, the start to get confused themselves as to what is "correct" or "natural" English. Those who have been here for a really long time may even get to the point where they aren't even sure what is English, what is Japanese, and what is Japanese-English.
I saw a prime example of this last week.

A representative from an educational publishing company had come to our school to explain how wonderful the new textbooks they had co-developed with us were. Some way through his spiel, he exhorted us with the comment: "You have to give your students that Naruhodo! moment!"

Wait a minute, I thought. Why did he just throw in a Japanese word? Having flipped through one of neurologist Kenichiro Mogi's books the previous day at Maruzen, I knew that the appropriate English word for such a moment would be an '"Aha!" moment'. Although I kept my expression completely implacable, I was shouting "Don't you mean that we have to give our students an 'Aha!' moment?" in my head.

Added to this was the fact that I found his attitude unbearably condescending. Of course we give our students "Aha!" moments. I 'm not really happy unless I see lightbulbs going off above their heads at least three times in a lesson. And no, contrary to what he preached, I never "dumb down" my English for my students; I have too much respect for them to do that. I think this was the point at which I let myself tune out completely.

I'm sure that guy had no idea that he'd inadvertently slipped in a Japanese word, which makes it doubly scary. Thankfully, none of my co-workers were so far gone as to let that go unheeded; some did not even know the word "naruhodo" and were offended at his presumption that we did.
(Of course, I'm sure he didn't presume anything; he was probably completely unaware of the fact that he'd used a Japanese word.)

But slip-ups like that are not that uncommon. Once, after a New Zealander friend used the phrase "sex friend", I shot him a look and pointed out the fact that he'd just used Japanese English. Not one to be abashed, he said airily: "Oh, yes, I'm perfectly aware of that. I was just testing you."

Until now, I've been relatively immune to this kind of mix-up, perhaps because I associated different languages with different physical locations (English at school; Japanese at home) as a child and learned to use separate parts of my brain for each language.

But today, I found myself slipping an English word into a conversation with my parents by mistake. Although they didn't seem to notice (it was the word "airport", for the record), I'll take that as a warning that I have to be careful, too.
ミニ用語解説
posted by EnglishMaster at 22:20| Comment(3) | TrackBack(0) | English | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。