2006年12月10日

学習に向いているドラマ(2)

以前、学習に向いているドラマ、というものを紹介しましたが、今は大分趣味が変わり、最近はまり気味なのが、このドラマです。

westwing.jpg

邦題では『ザ・ホワイトハウス』として知られていますが、原題は "The West Wing"。大統領官邸は執務用のWest Wing(西棟)と大統領とその家族の居住用の East Wing (東棟)に分かれているのですが、この物語は大統領の仕事に焦点を当てているためです。とはいえ、East Wing での大統領夫人とのやりとりも時々出てきます。

以前、NHKの衛星放送で放送されていたときには、あまり興味を持たなかったのですが、この間、偶然にもケーブルテレビのスーパードラマTVで再放送中であることを発見してから、すっかり気に入ってしまい、なるべく録画して観るようにしています。
今夜11時から第2シーズンの最後の2話で、17日からは第3シーズンが放送されるみたいです。

この物語の面白いところは、連続してすべての話を見なくても楽しめるが、少なくとも一話単位では最初から観ないと訳が分からない、という点でしょうか。
数年前にNHKで見たときにはまさに一話の途中からであり、全然話についていけなかったのですが、一話単位できちんとまとまっているため、シーズンの途中からでも大丈夫です。

一話単位できちんとまとまっている、各回ごとにいくつかの「決め台詞」みたいなものがあり、それらが異なる場面で繰り返し出てくることによりユーモアが演出されるからです。

この「繰り返し」こそが、教材として最高のものに仕立てている、と言って良いでしょう。

例えば、この間見た回では、広報部次長のサムが大統領に向かって、良いスピーチを書いたお礼として顧問弁護士のアインズリーに会ってくれ、と頼みます。偶然顔をあわせたかのように僕が演出するから、と。
これに対して、大統領は「彼女に会ったときに一体何と言えば良いのだ」と尋ねます。そこで、サムは
"How about...'A lot of people assumed you were hired because you were a blond, Republican sex kitten, and well, they're obviously wrong. Keep up the good work,'" という台詞を提案します。大統領は "That's good. I like that," と言い、実際に彼女に会ったときにそっくりそのまま同じ台詞を口にします。
しかし、実際に彼女に会うのは、彼女がペンキでスーツを汚してしまい、バスローブ姿で地下のオフィスでお酒を飲みながら踊っていたときです。で、その場の雰囲気からすると、せっかくのその台詞が皮肉にしか聞こえないのです。
大統領が去った後、サムは落ち込んだアインズリーを慰めるために、
"That could've been worse," (もっとひどい状況もありえたよ)
と言った後、
"No, probably not." (いや、ないかもな)と言葉を変えます。笑えます。

このように、コメディにあるようなあからさまなギャグというものは無いのですが、随所にこういった控えめで知的な大人のユーモアというものがちりばめられているのです。

他におすすめのポイントは、語彙、トピックス、登場人物の話し方ですね。

一応米国政権の中枢にある人々を描いているため、登場人物の多くはエリートで、エリートにふさわしい語彙、文法が用いられています。

以前、『誰も使わない表現』でも似たような内容に触れましたが、"How do you do?" を使う人なんかいない、"whom" なんて古い、その単語は書き言葉であって会話では使われないよ、などと言われてショックを受けたことのある人であれば、一度このようなドラマを観ると良いでしょう。
(ちなみに、新任の大使の認証式が中心となったエピソードでは、英国大使の秘書が"How do you do?" と挨拶しましたが、主席補佐官レオには無視されてしまいましたね)

トピックスも、麻薬戦争、教育、銃規制、女性の地位向上、貿易など、旬のものばかりです。今見ているシーズン2は数年前に製作されたものですが、未だに色鮮やかな話題ばかりですね。
ただ、製作者がリベラルであるだけに、問題に対する対処の仕方が今のブッシュ政権とは大分方向性が違う点が非常に興味深いです。

話し方、と述べたのは、時々「ニュースなら聞き取れるが、ドラマは全く理解できない」と生徒さんに言われるからです。
このドラマは、どちらかと言うと「ニュース調」です。会話のテンポはやや速めだったりしますが、登場人物の発音は比較的発音が明瞭で、記者会見やスピーチの場面、(時々ニュース番組の報道の場面なども入る)だと少し話のテンポが落ちたりします。
あと、イディオムはそれなりに使われているが、スラングは少ないほうかもしれませんね。

以上より、正統派のビジネス英語を目指しているか、英検や国連英検の上位の級を狙っている方なら必見だと思います。

個人的には、ドラマのリアルさも好きです。
もう年だからかもしれませんが、最近は「フレンズ」や「アリー」のようにルックス抜群の人ばかり集まっている番組には面白みを感じません。
"The White House" では主演のマーティン・シーンは背が低く、足が短く、お腹が少し出ていて、顔にしわもあるのに、魅力的です。ファースト・レディもオーバーウェイト気味、報道官のCJもP.D.James の言葉を借りれば "handsome, perhaps even beautiful, but certainly not pretty"
という感じですね。そして登場人物の誰もが、疲労のあまり目の下にクマを作っていることが多いです。
大統領も完全無欠ではなく、時には間違いを犯して反省をし、悩むところがとても良いですし、スタッフもエリートながら時には個人的な弱さを前面に出したり、「あの話題を僕の了解を得ずにスピーチに入れた」などを理由に復讐劇に講じたりするのです。

冒頭では、連続して観なくても楽しめる、と書きましたが、やっぱり連続して観ればちゃんと物語の色々な伏線もフォローできるかな、と考えています。
ちなみに、アマゾンで探したら、第1シーズンの前半のセットを¥2,615で売っていました。これならレンタルするのとあまり変わらないかも?と、思わず注文してしまいました。

westwing2.jpg
posted by EnglishMaster at 21:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。