2006年12月22日

ローマは一日にして成らず

昨日、数週間前から通い始めたシリア人の女性を初めて教えました。

まだ学生の彼女は噂通りの美人で、しかも積極的。
私が自己紹介をすると、すかさず "Where are you from?" と聞いてきました。(日本人の生徒さんでは、この質問をしない人が多い)"I'm Japanese. Where are you from?" と聞き返すと、一瞬驚いた顔をしながらも"I'm from Syria." と笑顔で答えました。ついでに、と思い、私はもう1人の生徒さんに "And how about you?" と尋ね、"Of course I'm from Japan." という答えを得たのに対して「いや、一応確認をしておかないとね」と言うと、二人とも楽しそうに笑っていました。そのもう1人の生徒さんはこれもまた大学生の男性で、結構彼女に惚れ込んでいるみたいでしたね。彼女に負けじと積極的に発言していたため、このグループは伸びるのが速いだろうな、と思いました。

さて、その彼女ですが、レッスンの終わりになっていきなり「一つ質問しても良いですか?」と言ってきました。「どうぞ」言うと、目を輝かせながら「先生のように英語を話せるには、どれくらいの時間がかかるのですか?」と聞いてきたのです。

これには度肝を抜かれてしまいました。

「私のように」と言うのは、一体どれくらいのレベルと考えているのだろうか。単に発音の問題だとも思えないし、一方でレッスンで使った語彙も構文もレベル2という彼女たちのレベルに合わせていたため、あまり実力を発揮する機会があったわけでもない。ということは、ネイティブから「英語が上手だね」と言われるレベルだろうか。
とはいえ、私が子どもの頃渡米した後、周囲の子どもに追いつくには6ヶ月かかったが、使う語彙などを考えれば大人に6ヶ月で追いつくことなど不可能に近い。生徒さんの中には10年ぐらいかけてかなりの英語力を身につけた人もいるが、彼らはあまり勉強する時間がない社会人ばかりなので、適切な例とは言えない。周りの同僚の中には、発音も含め、日本人も顔負けなくらい日本語が上手な人もいるが、彼らは何年かかったのだろう。最低3、4年はかかっているはずだ。

のような内容を0.5秒ほどで考えた末、
"It's a difficult question. I started studying as a very young child, and it's a lot easier when you are young. If you're an adult, it depends a lot on your ear. If you have a good ear, and if you work hard, maybe it will take you three years."
と自分では至極楽観的と思える答えを口にしました。

それでも彼女は "years" という言葉を聞いて、かなり落胆してしまったみたいです。

そこで、これはまずい、と考え、ホワイトボードに
"Rome was not built in a day."
と書いたのです。
そして、「この意味は分かりますか?」と聞くと、彼女のクラスメートは「大きなことを成し遂げるには時間がかかる、ということですよね」と非常に適切な解説をしてくれました。

すると、彼女は "OK. I'll try," とまた笑顔に戻ったので、内心胸を撫で下ろしながら「いつか必ずできるようになるので、頑張ってね」で無事、ポジティブな雰囲気でレッスンを終わらせることができました。

でも後になって考えてみると、今の私の英語力は始めてアメリカの土地を踏んだときからずっと続いている努力の結果である、ということに気付きました。つまり今のレベルに到達するには二十数年間かかっている、ということです。
もちろん、高校の英語の時間に暇つぶしにせっせと国連英検の勉強をした甲斐があり、大学入学時にはすでにかなりの読解力や語彙力、表現力を持ち合わせていたため、その後の進歩など微々たるものです。それでも暇さえあれば英語の本を読んだり、英語のテレビ番組を見たり、毎週TIMEを隅々まで目を通すことにより、語彙は今でも少しずつ増えていますし、今どんな表現が旬であるかも知ることができます。
また、教える立場になってからは文法書を買い込み、少しでも不安なところはちゃんと辞書を引く、というようなこともしています。

時々、同僚の中には「来る日も来る日も間違った英語を聞いていると、頭がどうにかしてきて、一体何が正しい英語なのか分からなくなってしまう」と言う人がいますが、彼らは「ネイティブ」という地位にあぐらをかいて、そういう努力を怠ってしまっているのではないでしょうか。

塩野七生さんの『ローマ人の物語』では、ローマ人はインフラの整備だけでなく、その維持・修復にも熱心だった、という話が書いてあります。そのメンテナンスができなくなったところから帝国が滅んでいった、という様子も伺えます。

つまり、ローマは一日にして成らず、ということは、いつまで経っても努力の終わりがない、という風にも解釈できるのかもしれませんね。
posted by EnglishMaster at 00:48| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月15日

生徒の気分

英会話講師という職業は、残念ながらあまり福利厚生が充実しているものであるとは言えません。

でも、今の会社の従業員としての数少ない美味しい特典の一つに、習いたい語学のレッスンを格安で受けられる、というのがあります。
最近、これを利用しないのはあまりにも勿体無いような気がして、フランス語のレッスンを受けよう、と考えているところです。

というのも、フランス語は一度大学で勉強した経験があり、大学3年の時には仏検2級まで取った経験があります。今でも雑誌の記事ぐらいなら大体の内容は理解でき(英語と語彙の重なりが多いため)、フランス語のメニューを正しい発音で読むことぐらいはできるのですが、残念ながら会話の方はかなり覚束なくなってしまっています。
これではちょっと悔しい、と思ったのがきっかけです。

(毎朝、駅に送ってもらうときに、いつもラジオのNHK第2放送でフランス語の番組を流しているのに触発された、というのもあるかもしれません)

さて、スタッフレッスンを受けようと決心しながら、手続きが面倒で二の足を踏んでいたところ、一昨日、フランス語科の長老である先生とお話をする機会がありました。

彼に「フランス語を勉強したい」と言うと、「でも君は勉強した経験があるんだろう?」と聞かれ「今ちょうど休み時間だから実力を試してあげよう」なんて言われ、いきなりフランス語で会話を切り出されました。

これが意外と辛かったです。
「冬休みのバカンスの計画は?」と聞かれ「何も無い」と答えると、「なぜだ?」とすかさず聞かれました。「計画を立てるのが面倒だ」と言うための語彙は無いし、「怠け者」という言葉も出てこない。そもそもそんな言葉は勉強したのだろうか、などと考えてしまう。困った挙句、「だって色々なことを考えて、決めなければならないでしょう?」で、やっと「ああ、要するに君は怠け者なんだね」と言われ、「怠け者」という言葉を教えてもらえました。

このとき、改めて一生懸命言葉を探しているときの生徒さん(特に初級者)の気持ちが痛いほど分かりましたね。時々話が教科書とは全く別方向に行ってしまうと、途中でパニックに陥り、「もう良いです。ギブアップ」と言う方がいますが、なるほどギブアップしたくもなるものだな、と思いました。
同時に、助け舟を出してもらったときのありがたさ、というものも実感しましたね。

思うに、習う側の立場が分からなければ、効果的に教える、ということはできないですね。その点、周りの同僚を見ても、外国語をマスターした経験がある人ほど、教え方が丁寧であるような気がします。
どれほど大変なことであるかを身をもって知っているからです。

以前にも考えたことですが、本当は「格安での受講」なんていう特典ではなく、教師には毎年好きな語学を何レッスンか会社の負担で受講させる、という制度を作った方が良いのではないか、とさえ思います。
もちろん、研修では必ず「ダイレクト・メソッドの体験」ということで今までやったことのない語学(私の場合はインドネシア語)のレッスンを受けさせられるのですが、研修から年数が経つと段々その経験が薄れていくからです。

でもこの提案を上司にしたら、「理想としては素晴らしいが、ちょっと非現実的ではないかね」とあっさり切り捨てられてしまいました。
悲しい...

ちなみに、前述のフランス語のレッスンの続きですが、その先生には「仕事で怠けるのは分かるが、バカンスを取るのを怠けるとは何事だ!君は人生というものを分かっていない」と思い切り起こられてしまいました。
「あと、誰か一緒に言ってくれる人がいなければダメだから」とこじつけて言っても「そんなものは計画を立ててから誰かを誘えばよろしい。君について行ってくれる人はたくさんいるだろうよ」とのこと。

このところ中途半端に忙しくて、なかなか休暇を企画するまではいかなかったのですが、年が明けたらどこかに行こう、と真剣に考え始めた今日この頃です。
posted by EnglishMaster at 23:25| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年12月10日

学習に向いているドラマ(2)

以前、学習に向いているドラマ、というものを紹介しましたが、今は大分趣味が変わり、最近はまり気味なのが、このドラマです。

westwing.jpg

邦題では『ザ・ホワイトハウス』として知られていますが、原題は "The West Wing"。大統領官邸は執務用のWest Wing(西棟)と大統領とその家族の居住用の East Wing (東棟)に分かれているのですが、この物語は大統領の仕事に焦点を当てているためです。とはいえ、East Wing での大統領夫人とのやりとりも時々出てきます。

以前、NHKの衛星放送で放送されていたときには、あまり興味を持たなかったのですが、この間、偶然にもケーブルテレビのスーパードラマTVで再放送中であることを発見してから、すっかり気に入ってしまい、なるべく録画して観るようにしています。
今夜11時から第2シーズンの最後の2話で、17日からは第3シーズンが放送されるみたいです。

この物語の面白いところは、連続してすべての話を見なくても楽しめるが、少なくとも一話単位では最初から観ないと訳が分からない、という点でしょうか。
数年前にNHKで見たときにはまさに一話の途中からであり、全然話についていけなかったのですが、一話単位できちんとまとまっているため、シーズンの途中からでも大丈夫です。

一話単位できちんとまとまっている、各回ごとにいくつかの「決め台詞」みたいなものがあり、それらが異なる場面で繰り返し出てくることによりユーモアが演出されるからです。

この「繰り返し」こそが、教材として最高のものに仕立てている、と言って良いでしょう。

例えば、この間見た回では、広報部次長のサムが大統領に向かって、良いスピーチを書いたお礼として顧問弁護士のアインズリーに会ってくれ、と頼みます。偶然顔をあわせたかのように僕が演出するから、と。
これに対して、大統領は「彼女に会ったときに一体何と言えば良いのだ」と尋ねます。そこで、サムは
"How about...'A lot of people assumed you were hired because you were a blond, Republican sex kitten, and well, they're obviously wrong. Keep up the good work,'" という台詞を提案します。大統領は "That's good. I like that," と言い、実際に彼女に会ったときにそっくりそのまま同じ台詞を口にします。
しかし、実際に彼女に会うのは、彼女がペンキでスーツを汚してしまい、バスローブ姿で地下のオフィスでお酒を飲みながら踊っていたときです。で、その場の雰囲気からすると、せっかくのその台詞が皮肉にしか聞こえないのです。
大統領が去った後、サムは落ち込んだアインズリーを慰めるために、
"That could've been worse," (もっとひどい状況もありえたよ)
と言った後、
"No, probably not." (いや、ないかもな)と言葉を変えます。笑えます。

このように、コメディにあるようなあからさまなギャグというものは無いのですが、随所にこういった控えめで知的な大人のユーモアというものがちりばめられているのです。

他におすすめのポイントは、語彙、トピックス、登場人物の話し方ですね。

一応米国政権の中枢にある人々を描いているため、登場人物の多くはエリートで、エリートにふさわしい語彙、文法が用いられています。

以前、『誰も使わない表現』でも似たような内容に触れましたが、"How do you do?" を使う人なんかいない、"whom" なんて古い、その単語は書き言葉であって会話では使われないよ、などと言われてショックを受けたことのある人であれば、一度このようなドラマを観ると良いでしょう。
(ちなみに、新任の大使の認証式が中心となったエピソードでは、英国大使の秘書が"How do you do?" と挨拶しましたが、主席補佐官レオには無視されてしまいましたね)

トピックスも、麻薬戦争、教育、銃規制、女性の地位向上、貿易など、旬のものばかりです。今見ているシーズン2は数年前に製作されたものですが、未だに色鮮やかな話題ばかりですね。
ただ、製作者がリベラルであるだけに、問題に対する対処の仕方が今のブッシュ政権とは大分方向性が違う点が非常に興味深いです。

話し方、と述べたのは、時々「ニュースなら聞き取れるが、ドラマは全く理解できない」と生徒さんに言われるからです。
このドラマは、どちらかと言うと「ニュース調」です。会話のテンポはやや速めだったりしますが、登場人物の発音は比較的発音が明瞭で、記者会見やスピーチの場面、(時々ニュース番組の報道の場面なども入る)だと少し話のテンポが落ちたりします。
あと、イディオムはそれなりに使われているが、スラングは少ないほうかもしれませんね。

以上より、正統派のビジネス英語を目指しているか、英検や国連英検の上位の級を狙っている方なら必見だと思います。

個人的には、ドラマのリアルさも好きです。
もう年だからかもしれませんが、最近は「フレンズ」や「アリー」のようにルックス抜群の人ばかり集まっている番組には面白みを感じません。
"The White House" では主演のマーティン・シーンは背が低く、足が短く、お腹が少し出ていて、顔にしわもあるのに、魅力的です。ファースト・レディもオーバーウェイト気味、報道官のCJもP.D.James の言葉を借りれば "handsome, perhaps even beautiful, but certainly not pretty"
という感じですね。そして登場人物の誰もが、疲労のあまり目の下にクマを作っていることが多いです。
大統領も完全無欠ではなく、時には間違いを犯して反省をし、悩むところがとても良いですし、スタッフもエリートながら時には個人的な弱さを前面に出したり、「あの話題を僕の了解を得ずにスピーチに入れた」などを理由に復讐劇に講じたりするのです。

冒頭では、連続して観なくても楽しめる、と書きましたが、やっぱり連続して観ればちゃんと物語の色々な伏線もフォローできるかな、と考えています。
ちなみに、アマゾンで探したら、第1シーズンの前半のセットを¥2,615で売っていました。これならレンタルするのとあまり変わらないかも?と、思わず注文してしまいました。

westwing2.jpg
posted by EnglishMaster at 21:12| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする