2006年10月15日

SとVの言語

今日の夕食は脂がたっぷりとのった秋刀魚でした。

「秋はやっぱり秋刀魚だ」と思いません?

でも、この一文を英語に直そうと思った途端、途方に暮れてしまいました。主語も動詞もないからです。(ここで「秋」は主語ではなく、主題であるとみなしているため)

日本語にはそういう文が多い、ということに新たに気付かされたのは、Wikipediaで以下の記事を発見したときです。
Topic-prominent language
(日本語版もあります)
主題優勢言語

この記事を読んで、はじめて「は」の前の言葉が必ずしも英語的な意味での「主語」であるとは限らない(少なくともそう解釈する説がある)ことを知り、ショックでした。

と同時に、日ごろ耳にするちょっと不自然な英語の諸悪の根源はこれか、と目から鱗でしたね。

たとえば、厳密には

「私は美しい」(主語とみなせる)→ I am beautiful.
「私はビールだ」(話題語に過ぎない)→ As for me, [I'll have] beer.
(cf. I am beer, は英語では論理的に不可能)

つまり日本語は基本的に主題と述語の関係にあり、二つ目の文のように英語でいうSもVもなくても余裕で文を作れてしまうのです。
だから日本語で考えた内容をそのまま英語に直しても、ぎこちない文章になってしまうことが多いのでしょう。日本語の文の主語(もしくは主題)をそのまま英文の主語にしても、一文目のように上手くいくこともあれば、二文目のように必ずしも上手く行かないこともあるのはそのためです。

実は、これを考えると、『レストランは食べられる?』の項目で「あのレストランは美味しい」や「仕事が忙しい」の非論理性を糾弾したのは間違いだったのかもしれません。日本語の構造としては全然おかしくないのですから。
どうやら私は英語的基準を日本語に無理矢理当てはめてしまっていたみたいです。反省しています。


何はともあれ、やっぱり英作文をするなら、まっさらな状態で主語を何にするか、そして動詞を何にするかから考えなければなりません。
翻訳作業を中心とする勉強法に改めて限界を感じる今日この頃です。
posted by EnglishMaster at 23:45| Comment(3) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする