2006年09月01日

Queer Eye

最近、毎週楽しみにしている番組があります。

金曜日の夜11時からFoxTVで放送中の "Queer Eye for the Straight Guy" というものです。
(現在放送中なのはアメリカで2003年に放送された分)

http://www.foxjapan.com/tv/bangumi/queereye/index.html

内容は、オシャレで洗練されたルックスも抜群のゲイの5人組が、ダサいストレートの男性を生活スタイルまで改造(makeover)し、最後にパーティーなりイベントなりを主催させる、というもので、服装担当のスタイリストと身だしなみ(ヘア&メイク)担当のほかに、インテリア・デザイナー、グルメ担当、カルチャー担当がいます。


先週、久しぶりに実家に帰ってきた妹と一緒に見たとき「毎回録画して欲しい!」と言われてしまいました。

とにかく、テンポが良いです。(話すのが速いのもありますが)
そして、かなりウィットに富んだ気の利いた一言がポンポンと飛び出てくるので楽しいです。

例えば、前回のエピソードではターゲットの男性を Saks Fifth Avenue へ買い物に連れて行った後、「買い物はどうだった?」という仲間の問いかけに対してスタイリストのカーソンはターゲットを見ながらこんな風に答えていました。
"We just had Saks together. Was it as good for you as it was for me?"
(一緒にサックスをしてきたところよ。あなたも感じた?)

ときどきちょっと悪ふざけが入りすぎて、品位に欠ける部分はあるのですが、笑えます。

劇的な変化を演出するため、今までは長髪の男性を短髪にする、というパターンが多かったのですが、前回はカツラをかぶっていた弁護士のカツラをはぐ、というのがメインテーマになっていました。
(実際、坊主にした彼は精悍でカッコいい、いかにも仕事ができそうな感じになりました)

この5人のすごいところは、その提案がきちんとターゲットのライフスタイルに合っている、という点だと思います。弁護士は弁護士らしく、大工職人は大工職人らしく、スポーツ選手はスポーツ選手らしく改造していきます。
グルメ担当のテッドも、子どもの誕生日パーティーを企画していた人には自家製ピザの作り方を指導し、前回の弁護士にはパーティーの食事をすべてケータリングさせるなど、きめ細かに対応しています。

こういうまじめな面がある一方、時には子どものようにはしゃぎまわったりします。小さい頃、親に「絶対やるな!」としかられたようなこと(例えばスーパーでショッピングカートを押しながら競争する)を堂々とやってのけています。

また、いかにもゲイっぽいのはスタイリストのカーソン(字幕が女言葉になっているのは彼だけ)だけですが、他の4人もターゲットの男性がお風呂に入っている場面がテレビに出てくると「ちょっと!なんでシェービング・フォームをけっちっているのよ」「ああ!彼の背中を流してあげたい!」と奇声を出したり、「ゲイらしさ」を随所に演出しています。

あと、感心するのはターゲットの男性がいつもかなり雄弁に感謝の意を語ることです。"Oh, my God!" と叫ぶことしかできない、『ザ・スワン』の出演者と大違いです。
結構明るくて前向きな人ばかりだからでしょうか。

これは、何回も繰り返し見て勉強の材料にするような番組ではありませんが、台本がない(と思う)ため、ドラマとは異なるリアルさとテンポ感があります。
この5人の高速の会話に一体どれくらいついていけるのか、という課題にチャレンジしてみるのも良いでしょう。リスニングは無視して、ただ単にファッションのヒントを盗む、という目的でも良いと思います。アメリカでは今、どのような男性が魅力的に映っているか、という勉強にもなりますよ。

ケーブルテレビやCSがあるなら是非!
posted by EnglishMaster at 19:20| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

Computers and Men

せっかく質問がありましたので、ジョークの全体を紹介しましょう。

なお、"commit to one" のところですが、結婚とは限りません。今どき結婚しないけれど、お互いを「パートナー」と呼び、長く付き合う人もいますよね?そういう「簡単には抜け出すことのできない関係」を想像していただければ良いと思います。

分かりにくいだろうな、と思うところは解説をつけました。

Are Computers Male or Female?
(コンピュータは男性か女性か)

In French, unlike English, all nouns are either masculine or feminine. For fun, a teacher once divided her French class into two groups, with men in one group and women in the other, and asked each group to decide whether the French word for computer should be masculine ("le computer"), or feminine ("la computer").

The men's group decided that computers should definitely be of the feminine gender ("la computer"), because:

男性のグループは、コンピュータは絶対女性(la computer)に違いない、と断言した。なぜなら

1). No one but their creator understands their internal logic.

その内部のからくりは創造主にしか分からない。
(つまり、女性の考え方は神のみぞ理解できる)

2). The native language they use to communicate with other computers is incomprehensible to everyone else.

お互いのコミュニケーションに用いている母国語は、外部のものには意味不明である。
(女性同士のおしゃべりは、男性には全く理解できない)

3). Even the smallest mistakes are stored in long-term memory for possible later retrieve and review.

(自分が犯した)細かい間違いまでもが長期メモリーに保存され、いつでもまた引っ張り出されて、指摘される。

4). As soon as you make a commitment to one, you find yourself spending half your pay check on accessories for it.

一つに決めた途端、そのコンピュータのための周辺機器に給料の半分を使い果たすことになってしまう。
(給料の半分が女性へのプレゼントで消えてしまう)

The women's group, however, concluded that computers should be masculine ("le computer"), because:

しかしながら女性のグループは、コンピュータは絶対男性(le computer)に違いない、と断言した。なぜなら

1). In order to get their attention, you have to turn them on.

注意を喚起するためには、まず電源を入れなければならない。
(男性の注意を喚起するためには、まず性的に興奮させなければならない)

2). They have a lot of data but they are still clueless.

たくさんのデータがあっても、まるで状況が分かっちゃいない。

3). They are supposed to help you solve problems, but half the time they ARE the problem.

問題を解決するためにそこにあるはずなのに、多くの場合その存在自体が問題を生み出す。

4). As soon as you commit to one, you realize that if you'd waited a little longer, you could have gotten a better model.

一つに決めた途端、もう少し我慢して待っていればもっと良いモデルが手に入ったであろうことに気付く。


なお、「女性の視点」には、上級バージョンもあります。
とりあえず解説は省いておきますが、「ここまで分かったけど、あと一歩が分からない!」というリクエストには応じます。

Top 10 Reasons Computers Must Be Male

10. They have a lot of data but are still clueless.

9. A better model is always just around the corner.

8. They look nice and shiny until you bring them home.

7. It is always necessary to have a backup.

6. They`ll do whatever you say if you push the right buttons.

5. The best part of having either one is the games you can play.

4. In order to get their attention, you have to turn them on.

3. The lights are on but nobody`s home.

2. Big power surges knock them out for the night.

1. Size does matter.
posted by EnglishMaster at 18:03| Comment(1) | TrackBack(2) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。