2006年06月16日

つなぎの言葉

今日は趣向を変えて本文を英語で書いてみました。
気が付いたらやたらと口語的(colloquial)な表現が多くなってしまったため、明日あたりにフレーズ解説か日本語版を追加するつもりです。

どの表現が分かりにくかったか、コメントをいただければ参考にしますので、よろしくお願いします。

ちなみに、以下の文章はいつもの日本語の文に比べるとかなりくだけた感じのものになっています。

Very often, students who get stuck while conversing will revert to Japanese, filling in those uncomfortable silences with words like "eh-to", or even worse "nandakke".

I think most students who do this can't help themselves, and will say "eh-to" even when they're speaking to someone who is obviously foreign. But when students say 「あれは何て言うんだっけ」and give me this look, as if to say "You understand me, don't you?" I get the feeling that they expect me to cut them some slack because I'm fluent in Japanese too.

I usually put my foot down when this happens, though, and demand that the students repeat the question in English.

Unfortunately, although I've always cracked down on students using the 「なんて言うんだっけ」approach, I've usually looked the other way when it came to relatively minor slips like "eh-to".
Recently, I've come to the realization that this isn't doing anyone any favors.

If you're talking to an English speaker in English, it can be downright rude to lapse into Japanese. The reason: because whomever you're speaking to won't be able to understand you, and this will make them uncomfortable. For all they know, you could be muttering some sort of curse to bring bad luck down on them and their progeny. 

So, to make up for all those times that I didn't correct my students, I'd like to use this opportunity to suggest some alternatives. The next time you can't remember a word and feel compelled to say 「えーと」, try to use one of the following:

"Uh..." (In British English, this is spelled "Er...")
"Hmmm..."
"Well..."
"Let's see..."

Of these three, I don't really recommend using the first one; although it is the most popular, you won't sound very bright if you repeat it too often. Think President Bush. On the other hand, if you manage to stick to "well..." and "let's see..." with the occasional "hmmm...," you'll manage to sound thoughtful and competent.

These expressions only buy time, though. If you're searching for the perfect expression, and are unsatisfied with what you come up with, you can say, "How do I say this?" This will indicate to your partner that you would like to be corrected, because you are not sure with your choice of words.

Let me give you an example:

A: "So what did you think of Japan's losing to Australia the other day?"
B: "Well, it was...how do I say this? I was unhappy."
A: "Oh, do you mean to say that it was upsetting?"
B: "Upsetting?"
A: "That means..."

You get the idea.

Or, if you're simply looking for a single word, you can ask, "What do you call..."

A: "What do you call the...what you use in skiing to keep your balance?" (gesturing)
B: "Do you mean poles?"

If you find this difficult, you can simply start off with "What do you call..." and then gesture wildly.

Of course, it's perfectly all right to use Japanese words in English conversation, as long as you make a conscious decision to do so. Things like Japanese food and uniquely Japanese concepts are often untranslatable anyway, and words like "tofu", "edamame", "giri", and "kaizen" are already acknowledged as having entered the lexicon.
But remember, you must always be prepared to follow through with an explanation in English!
posted by EnglishMaster at 14:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

職業病

来る日も来る日も他人の英語を直す生活を送っていると、間違っている英語や明確ではない英語表現というものにものすごく敏感になってしまいます。
一種の職業病(occupational hazard)と言えるかもしれません。

これは何も100人100色シリーズに対する批判のように、日本人の書いた英語にのみ向けられるわけではありません。
ネイティブの間違いでも気になって仕方がないのです。しかも、出版物やニュースなど、ある程度権威のある媒体の間違いです。

例えば、この間見ていたCNNの特番。
キャスターの方が "could care less"(全く気にかける)というフレーズを口にするのを聞いた途端、「それは "couldn't care less"(全く気にかけない)の間違いでしょう」とツッコミを入れたくなってしまいました。(ちなみに内容は、パパラッチの写真を掲載する雑誌の場合、セレブへのアクセスが限定されても全然平気だ、というものでした)

あと、小説を読んでいてもミスプリ(typos)が異様に気になったりします。ハリーポッターの第三巻 "The Prisoner of Azkaban"のペーパーバック版で "with bated breath"(息を潜めて)が私が持っている版では "with baited breath"(息を釣られて)になっていることを発見し、びっくりしたことを覚えています。
(暇な人はチェックしてください。290ページのミスプリです)

これは何も私だけではないみたいです。同僚の中には「毎日 "The Wall Street Journal" で最低一つの間違えを見つけることを日課としてる」、と豪語している奇特な人もいます。

もっとも、今まで著者の英語力そのものに疑問を抱かせるような本はあまり読んだことがありませんでした。
Steve Berry 著の ""The Amber Room"" を読むまでは、です。

この本は本屋さんでの「ダン・ブラウンのファン必読!」というキャッチコピーに騙されて思わず買ってしまったのですが、完全に期待が外れてしまいました。
手の内を明かさないことで読者に期待感を抱かせる手法は確かにブラウンと同じなのですが、ダン・ブラウンの作品では最後で「なるほど!」と唸ってしまったのに対し、これは「はあ?」と拍子抜けてしまっただけでした。

それよりも問題なのが、著者の英語です。
まず、文法的に気付いたのは、この方はやたらと副詞(adverbs)を動詞(verbs)の前に置きたがるのですよね。

副詞は動詞の後に来るのが原則です。
e.g. "I quickly ran," ではなく"I ran quickly."

たまに諸々の理由でわざと副詞を動詞の前に配置することもありますが、これは例外に過ぎません。

なので、
"...she quickly discovered that she... insinctively possed the abilility...and she greatly enjoyed..."

のように副詞→動詞というコンビネーションが立て続けに並んでいるのを見たとき、ら抜き言葉の羅列を読まされたときのように眩暈さえしてきました。

また、この作家さんの場合、男性二人だけの会話であっても、たまに"" "his " "him" などの言葉がそれぞれ一体誰を指しているのか分からなくなってしまうことがあるのです。明確性(clarity)に欠けるのです。
Tom Wolfe は "I am Charlotte Simmons" にて丸々一ページ分続く文を書いていましたが、それでも読者として道に迷うことは決してなかったのとは大違いです。

いや、それどころか、たった二人の会話なのに、一体誰がその台詞をしゃべっているのかさえあやふやな場面があります。『ハリー・ポッター』シリーズでは一つの場面で6人以上の大人数で会話していても誰が話しているかが常に明らかであることを考えれば、本当に文章が下手である、としか言いようがありません。

買ってしまった私が言うのはおかしいかもしれませんが、どうしてこんな本がベストセラーになったのでしょうか?
posted by EnglishMaster at 00:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 読書感想文 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする