2006年03月31日

あなたの英語は、何色?

『ピカピカの英語力』で取り上げた某スクール広告の第二弾は:

「あれ、英語しゃべれたの?」
って驚かれるのは、かなりワクワク。
春はイメチェンの季節よね。

I can't wait to hear their surprise when they say,
"Oh, can you speak English?"
After all, spring is the time for makeovers, isn't it?

というものです。
電車の中などですでに目にされている方も多いかと思います。

最初これを見たときには、 "Oh, can you speak English?" だけでは驚きが十分に伝わらないからあまり良い訳だとは言えないな、と漠然と思ったのですが、やっと具体的にどこが腑に落ちなかったのかが分かりました。

論理飛躍が起きているのです。
しかも、オリジナルの日本語ではかろうじて一貫性が保たれている部分が、英語に直された途端にきれいさっぱりなくなってしまい、英語であるがゆえに一層目立ってしまっているのです。

と指摘したところで、もう一度英文を確認してください。
皆さんにはどこで論理飛躍が起きていると言えるか、分かりますか?


「驚く」のはどういう時でしょう。
何か知らなかったことを知らされたとき、または何かが思い違いだったと知らされたときですよね?
つまり、「英語がしゃべれるとは知らなかった」「英語がしゃべれるとは思わなかった」「確か、この間会った時はしゃべれなかったよね?」と言った時にはじめて、「驚き」のニュアンスを表現できるのです。日本語バージョンでは「英語をしゃべれたの?」と過去形にすることによって「知らなかった」⇒「驚いた」というニュアンスが上手く出ていますが、英語バージョンでは現在形のままの「英語をしゃべれるの?」になっています。
言うまでも無く「英語がしゃべれる」ことのみでは「驚く」こと(さらには「イメチェン」をすること)と全く論理必然的なつながりはありません。世の中には多少なりとも「英語がしゃべれる」人はたくさんいるのですから。
(「ら抜き」言葉を何回も連続して書くと微妙に気持ち悪くなってくるのは私だけでしょうか?)

さて、先ほど「英語であるがゆえに」と書きましたが、このように論理の飛躍があると、英語では一目瞭然です。
下手すれば「何を言おうとしているのかさっぱりわからない」つまり「伝わらない英語」になってしまう危険性さえ秘めているのです。

この広告のスクール、今は「100人、100色の英会話」を標榜しているみたいですが、この文章の色にあえて名前を付けるとしたら「『なんかよく分からないけど可愛いことを言う女の子の英語』色」になってしまいそうです。

もちろんそれもそれなりの魅力は(特に一部の男性にとっては)あると思うのですが、せっかくなので勝手ながら「『若くても説得力があり、仕事のできそうな女性の英語』色」バージョンも考えてみました。
ポイントは二つ。「あら、英語をしゃべれるの」を「そんなに英語が上手だったとは知らなかったわ!」という驚きを表す表現に変えたことと、全く関係の無い二つのアイデアを "after all" で無理やり結び付けるのをやめたことです。


I can't wait to hear the surprise in their voices when they say,
"I had no idea you could speak English so well!"
Isn't spring the perfect time of the year for makeovers?


皆さんはどちらが好みですか?
posted by EnglishMaster at 20:32| Comment(2) | TrackBack(1) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。