2006年01月28日

婉曲的な英語

生徒さんが「1月23日放送の『英語でしゃべらナイト』(NHK)に秘書と一緒に出演しているので是非見てください!」というので母に頼んで録画してもらい、昨日やっと見ることができました。(なんせ今テレビがない生活を送っているもので)

品川での公開収録で、品川エリアに勤務している、英語を日常的に使っているOLさんが3人参加しているセクションがあったのですが、何とその番組を教えてくれた生徒さんの秘書が3人のうちの一人だったのです。

様々な英語のシチュエーションの中で「あなたなら何と言って対処しますか?」というロールプレイ形式の出題でなかなか楽しいものだったのですが、OLさんに続いてゲストのMEGUMIさんとレギュラーの釈由美子さんも「上司の鼻毛が出ているのにどうやって注意を喚起するか」という問題に挑戦していました。

そのときの釈さんの応対がなかなかだな、と思いました。
パックン扮する上司に「鏡を見たらどうですか?ほらどうぞ」と鏡を無理やり押し付ける、という遠まわしの方法だったのですが(英語もそれなりにちゃんとしていました)、それでパックンがちゃんと気が付いた演技をしたため、絶対A評価だと思いました。

しかし、採点をしていた外国人の「先生」役の方は「A」と「B」を両方手に取った上で「個人的な問題ですが英語ではもっとダイレクトに言わないと」なんて講釈していたのです。
これにはすっかり呆れてしまいました。

確かにビジネスの場面において例えば「考えておきます」で相手に "No" である旨を汲み取ってもらおうというのは考えが甘いです。しかし個人的(personal)な問題においては相手の心を傷つけないために婉曲的(indirect)な表現を使おう、というのは日本語の場合とさして変わりません。
また「英語ならダイレクトな表現を」というのはあまりにも短絡的ですね。同じ英語圏でも例えば日本と同様に島国であるイギリスであれば直接的な表現よりもむしろ婉曲的なものが好まれます。『ブリジット・ジョーンズの日記〜キレそうな私の12ヶ月』でも化粧を失敗してしまったブリジットを見たマークは「化粧室に行った方が良いと思うよ」としか言いません。

さらにアメリカにおいてはいわゆる「社会階層」(class)によって違いが出てくるみたいです。すなわちワーキング・クラスにおいてはみんな本音をぶちまけてダイレクトに話すのですが、中流以上になると体面(face)を重んじるようになり、遠まわしな言い方やボディー・ランゲージ等の非言語的コミュニケーションに頼る比率が高まるみたいです。
(以前NYTの特集記事で、努力して中流まで這い上がった人が一番戸惑うのがいわゆる polite society では日本語同様、言葉では "Yes" と言っておきながら本音は "No" である場合が十分ありうるためである、と書いてありました)

再び映画の話題で恐縮なのですが、私が好きなデミ・ムーアとトム・ハンクス主演の『ア・フュー・グッド・メン』に以下のようなやりとりがあります。

WEST: " Joanne, why don't you get yourself a cup of coffee."
JO: "Thank you, sir, I'm fine."

ウェスト(ジョアンの上官):「ジョアン(デミ・ムーアの役)、君、コーヒーでも飲みに行ったらどうだ」
ジョアン:「私は結構です」


ここで上官は「気が利かない奴だな」という表情で

WEST: "Joanne, I'd like you to leave the room so we can talk about you behind your back."

「ジョアン、我々が存分に君の陰口をたたけるように席を外してくれないか」


と言うのです。
これは彼女がトム・ハンクス扮する親の代から軍の弁護士を務めてきたエリート家系とは明らかに育ちが違うことを印象付けるためだな、と思いました。

くどいようですが、たとえ英語であってもあるレベルにおいては婉曲的表現(euphemism)も非常に重要でありますし、「察する」(take a hint)という技術も必要になってきます。なので「これを直接言ったら相手が傷つくかもしれない」と思ったときには、絶対に釈さん路線が正統派だと思います。それで気づかないような鈍い(obtuse)人であったときに初めて直接的な表現を繰り出せばいいのです。

なお、婉曲的な表現が必要な場面の代表例は「死」や「失業」。
小学三年生のときに祖父が亡くなり、葬式のために日本に一時帰国する、と先生に報告したとき "My grandfather died," と私が言ったのに対し、担任の先生に「その場合には "died" ではなく、"passed away" と言いなさい」と注意されたのを未だに覚えています。

edgeofreason.jpg  afewgoodmen.jpg←(『24』でジャック・バウアー役をやっているキーファー・サザーランドも出ています!)
posted by EnglishMaster at 22:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月26日

センター試験

日曜日の新聞に今年度の英語のセンター試験が載っていたため、どんなものだろう、と試しに解いてみました。

内容が今実際に社会人相手に教えているものとかなり重なっていたのには驚きました。例えば発音問題。母音の異動云々と言う瑣末的なことよりもアクセントとリズム感という本質的な点にポイントが絞ってあり、多くの生徒さんが間違える photography の第一強勢の位置を指摘させる問題や、文中でどの言葉が強調されるべきかを問う問題がありました。
また、会話文に登場した道順を頼りに実際に図の上のどの位置を指しているいるのかをみつける問題など、かなり実践的な内容のものもありました。

以前も学校教育のレベルの高さを指摘したことがありますが、このレベルのことが完璧にこなせれば、学校英語だけでもとりあえずは困らないレベルに達しているはずです。社会人でも苦労する方がたくさんいらっしゃるのはなぜなのだろう、と改めて考えさせられてしまう今日この頃です。
posted by EnglishMaster at 16:48| Comment(0) | TrackBack(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月24日

カタカナ語

今日、新聞を整理していたところ、見落としていた記事で面白い語句が目に入りました。

先日の米国産牛肉の輸入停止につながった危険部位が混入した牛肉を輸出したのが、ニューヨークの「アトランティック・ビール・アンド・ラム社」だと報じてあったのです。

それを読んだ瞬間、私は首を傾げてしまいました。
「ビール・アンド・ラム」というカタカナを見て真っ先に頭に思い浮かんだのが "Beer and Rum"。なぜお酒を扱う会社が牛肉を輸出しているんだろう、と。

この「ビール・アンド・ラム」たるカタカナ語が酒類ではなく、子牛肉と子羊の肉を指す"Veal and Lamb" に該当するのだ、と気づくまでに数秒考え込んでしまいました。
Beer Veal では発音が丸っきり違うのに!)

カタカナ語って、恐ろしいですよね。
日本のサブウェイで初めてサンドウィッチを注文したとき、サブウェイ・クラブとシーフード・アンド・クラブが並んでいるのを見て、なぜ前者には蟹が入っていないんだろう、と疑問に思ったことを覚えています。カタカナだと "crab" も "club" も「クラブ」になってしまうんですね。
あと、ユニクロの親会社である「ファースト・リテーリング」。私はずっと "First Retailing" だと勝手に信じており、TIME誌の記事で実は "Fast Retailing" だということを知ったとき、相当なショックを受けました。

それはさておき、ビールとラムの謎が解けたときにふと思い浮かんだのが「この曖昧(ambiguous)なカタカナ語を翻訳エンジンにかけたら一体どんな訳が出てくるのだろう」という疑問です。

そこで、さっそく実験。
使ったのは日本ではマイナーな部類に入る AltaVista が提供する Babelfish というサービスです↓
http://babelfish.altavista.com/
(これを選んだのにはそれなりの理由があるのですが、それはまた後日に)

試しに「アトランティック・ビール・アンド・ラム社」を訳してみると、"The Atlantic beer and ram corporation" になりました。やっぱりコンピュータでも「ビール」は "Beer" と読みたいみたいですね。
そこで、今度は「ヴィール・アンド・ラム社」に直してみると、どうやら「ヴ」という表記には慣れていないらしく、"The Atlantic ヴィール and ram corporation" という答えが返ってきてしまいました。やれやれ。
ちなみに "ram" とは雄羊のことです。中らずといえども遠からず、というところでしょうか。

せっかくなので、丸々一文試してみました。

原文:「危険部位が混入していた違反牛肉はニューヨーク州のアトランティック・ビール・アンド・ラム社が輸出したものであったことが判明した」

訳文:"As for the violation beef which the dangerous region has mixed being something which the Atlantic beer and ram corporation of New York exports was ascertained."

体の一部たる「部位」がいつのまにか「地域」に拡大しています。「判明」は "ascertain" で必ずしも間違いではないのですが、前者は事実が自然に明るみに出るというニュアンスもありうるのに対し、後者は専ら積極的に事実を突き止める、という意味で用いられます。
しかし、個々の単語はまあまあとしても、一体何が主語(subject)で何が動詞(verb)であり、どれが関係節(relative clause)でどれが主節(main clause)なのかもよく分からなくなってしまっています。

それを如実に表しているのが再訳文:
「危ない地域がニューヨークの輸出高の大西洋ビールそしてラム株式会社が確認された何かであることを混合した違反のビーフに関しては」

この一文から何か意味を見出そうと頑張るだけで頭が痛くなってしまいそうです。

せっかくなので、サブウェイも取り上げてみました。

原文:「私は散々迷った挙句、サブウェイ・クラブとシーフード・アンド・クラブをそれぞれひとつずつ注文することにした」

訳文:"After all I was perplexed awfully, we had decided to order sub way club each and 1 seafood and clubs respectively"

やっぱり「クラブ」は統一されてしまいましたね。しかも、なぜか主語が「私」一人からいつの間にか "We" に増えています。一人でサンドウィッチを二つ食べてはいけないのでしょうか。あるいは「それぞれ」が余計だったのでしょうか。

再訳文:「すべてが私非常に混乱させられた後、私達はそれぞれ補助的な方法クラブおよび1 人のシーフードおよびクラブ発注するそれぞれことにした」

サンドウィッチよりもむしろゴルフの話みたいになってしまったと思いません?
posted by EnglishMaster at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月23日

翻訳エンジンの威力

水曜日に何人かの生徒さんと一緒に飲みに行く約束をしていたため、そのうちの一人がお店情報と地図をプリントアウトしたものを今日持って来てくれました。

その方は私が日本語では分からないかもしれない、と心配したのでしょう。
丁寧にもYahoo!の翻訳サービスを使って英語の対訳を付けて下さったのです。

翻訳エンジンはあまり使えない、ということは分かっていたものの、(翻訳のお手伝いをさせていただいている音楽ジャーナリストが時々翻訳エンジンにかけたものを原文と一緒に送ってきて「やっぱりよく分からないから助けて!」と言ってくることがあります)ここでの訳はあまりにもぶっ飛んでいて、呆れるというよりはお腹を抱えて笑い出してしまいたくなるようなものでした。

例えば、「無休」。
なぜかこれは "I am no holiday," に。全く意味不明、というわけではないのですが、かなり違いますね。
(面白いことに、この "holiday" を "Holiday" にすれば、ちゃんと意味の通る英文になります。すなわち、「私は決してホリデーではない」つまり「私は決して(ジャズ歌手の)ビリー・ホリデーのようには歌えない」と解釈することが可能です)

極め付けはなんといっても「月〜金」。
これが英訳では "Money of moon" に直っていました。一体何のことやら...

もちろん、Yahoo!のこのサービスは無料であるため、限界があり、構文解析機能が発達している高価な翻訳ソフトではもっとミスが少ないのかもしれません。
しかし、まだまだ翻訳家が職を失う日は来ないだろう、と考える今日この頃です。

さて、読者の皆さんの中には「せっかく翻訳ソフトを頼りにしているのに」という方もいるかもしれません。
そこで、自分が使っている翻訳ソフトの性能をチェックするための簡単なテストをオススメします。

何か日本語の文章を日本語→英語→日本語と二回翻訳ソフトにかけてみて下さい。
性能がよければ最終結果がオリジナルに近くなりますが、いい加減なソフトであれば再翻訳の結果はちんぷんかんぷんになってしまうはずです。

面白い再変換結果がでてきたら、是非コメントとして紹介してくださいね黒ハート
posted by EnglishMaster at 23:47| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月22日

Is it OK?

大分前に "How are you?" に対して "It's OK," というちんぷんかんな答えがしばしば返ってくることがあるという話を書きましたが、耳を澄ましてみるとこの "It's OK," という不思議な答え、あらゆる場面で一人歩きしているように思えます。

これが顕著なのが "Do you have any questions?" や "Do you understand the difference now?" "Would you like to listen one more time?" 等の質問です。
「大丈夫」である場合、それぞれ "No, I don't," "Yes, I do," "No, thank you," と答えるべきところ、なぜか統一して "It's OK," と答える人が多いのです。
これが間違いか、と言われると、ちょっと微妙なところがあります。
なぜなら、「大丈夫です」というニュアンス自体は伝わるため、サバイバルレベルのコミュニケーションでは一応可とできなくもない、という感じです。また、ここまで一々細かく直す先生も珍しいでしょう。私自身、恥ずかしながらそのまま訂正せずに放置することの方がはるかに多いです。

しかし質問の主語が "you" であるからには、厳密にはせめて答えの主語も "I" にして "I'm OK," と答えない限り、文法的にも論理的にもちぐはぐな感じがしてしまいます。

また、この "OK" という言葉は文中で使う限り同じ「大丈夫」であってもあまり積極的な意味を持たない点に注意しなければなりません。
すなわち、「良い」というよりも「悪くはない」という程度のものなのです。

"How was the movie?"
"It was OK,"
であれば、とりわけ良いわけでもなかったが、別にお金を損したとは思わなかった、という程度でしょう。

文中で使う限り、という断り書きを付けたのは、"OK" を単独で使った場合には途端に "Yes" という積極的な意味合いを帯びるからです。

"Why don't we meet at 7:00?"
"OK!"

ここで英語では必ず主語が必要だ、という考え方に囚われて、冒頭に "It's" をくっつけてしまうとちぐはぐな答えになってしまうので注意しましょう。
また、"OK" は非常にカジュアル(informal)な感じの言葉なので、きちんとした場ではなるべく使用を避けたいものです。基本的には質問をしっかり聞いて、質問に文法的に対応する答えを述べるのが無難かと思います。

なお、 "It's OK," という文は非常に特殊な場面で用いられる場合が多いです。
例えば相手が何らかの災害に遭ったり、悪夢を見ていた場合など、「心配ないよ」となだめてあげますよね?このようなときには是非 "It's OK," と言ってあげてください。

posted by EnglishMaster at 23:53| Comment(0) | TrackBack(0) | 雑記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

否定疑問文の答え方

正月休みが明けたばかりなので、生徒さんにはレベルに係らずどのように正月を過ごしたのか、初詣をしたり御節料理を食べたりしたのかを訊くようにしています。
自国特有の文化について語ることが出来るのは大事ですからね。

さて、昨日教えた生徒さんですが、女性の方で、私が毎年母に田作り(英語で解説するならさしずめ seared and caramelized baby sardines になるのでしょうか)を担当させられているという話で盛り上がったので、「何か自分でも御節を作ったのですか」と尋ねたところ、「伯母(叔母かもしれませんが)が毎年作っています」と言われました。

しかし、一人で全部作るのはやっぱり大変なので、"Doesn't she ask you to help her?"
(手伝って、とは言われないのですか?)と訊いてみました。すると彼女は笑顔で 頷きながら"Yes" と答えたのです。

さて、ここで英語で Yes と答えると、「手伝って、と言われる」という意味になります。
そこで、やはり何か手伝ったんだな、と思いながら "What does she ask you to make?"
と尋ねると、途端に怪訝な顔をされて、伯母には彼女なりのやり方があるので、手助けは一切拒んで一人で全部作っている、と説明されました。

ああ、彼女は日本語的な感覚で、否定疑問文(negative question)に対して「はい、言われません」という意味で Yes と言ったのだな、とここで初めて気づきました。

英語を話す人は、「はい、要りません」のように一つの文の前半で肯定的な言葉を、後半で否定的な言葉を使うことは自己矛盾と考え、非常に嫌がります。
そのため、答えが肯定文なら冒頭は Yes、答えが否定文なら冒頭は No、という使い分けがなされています。

つまり、
"Aren't you tired?" と聞かれようが、
"Are you tired?" と聞かれようが、
疲れていれば→ "Yes, I am."
疲れていなければ→ "No, I'm not."
と答えが統一されるのです。さらに、首を縦に振るか、横に振るかもこの Yes No によって左右されてしまうのです。

よく外国人が「日本人は YesNo のどっちを言いたいのか分からない」とか「答えが Yes だと思ったら実は No と言いたかったらしい」と不満を言うことがありますが、この否定疑問文の答え方でのすれ違いもその一因となっているのでしょう。

まあ、日本語のように相手に同意するかどうかという主観的(subjective)な問題ではなく、答え自体が肯定的であるか否定的であるという客観的(objective)なレベルで処理している、と考えれば良いのでしょうね。

もっとも、けんかなど感情が支配する場面においては英語スピーカーもしばしば混乱に陥ります。否定疑問文で相手にすごい剣幕で「〜ではないの?!」と言われると、本当は答えの内容が肯定的なものなのに、相手の追求そのものを否定したいがために一旦 "No!" と言ってしまい、まずいと気づいて "I mean yes!" と言い直すことがありますね。言うまでも無く、このような混乱に陥った側は大抵その時点で負けですが...

さて、英語的な思考パターンに慣れてしまうと、逆に日本語での否定疑問文に対する答え方が分からなくなってしまって、一瞬と惑ってしまうことがよくあります。
例えば美容院でクロスを留めてもらうときに、必ず「首周りはきつくありませんか?」とか「お湯は熱すぎませんか?」と訊かれますが、私はそのような時はいつも首を横に振りたい衝動を必死に抑えて「はい」と答えているような気がします。

ちなみに、なぜか私の家では日本語の否定疑問文にも英語ルールが適用されています。
例えば父に「お父さん、お茶のお代わりは要らないの?」と聞くと、父はお茶が欲しい場合には頷いて「ああ、お願い」と答え、お茶が要らない場合には首を横に振って「いや、いい」と答えます。
父も母も別にずば抜けて流暢というわけではないのですが、アメリカで生活をし、ビジネスをやっていく上ではどうしても身に付けなければいけない技だったのかもしれません。

皆さんもお腹一杯の状態で「お代わりは要らないの?」と聞かれて首を横に振ることができたら、本物の英語が身に付いている証と考えて良いのでは?
posted by EnglishMaster at 23:53| Comment(0) | TrackBack(1) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月01日

Happy New Year!

Happy New Year, everyone!

いよいよ2006年。
新しい年は新たな目標を立て(set new goals)、心機一転(turn over a new leaf)して物事に取り組む良い機会ですよね。
皆さんはもう新年の抱負(new year's resolutions)を定められましたでしょうか。
私はマイペースを守れるようになりたい(to learn to pace myself)、と考えております。

昨年始めましたこのブログもはや三ヶ月強。
益々精進して頑張って行きたいと思います。本年もどうかよろしくお願い致します。

では、
May all your dreams come true and more this year!

shogatsu
posted by EnglishMaster at 16:04| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。