2017年05月22日

「ちょっと飲み過ぎた」を英語で言うには?

前回の投稿で、「訪日中の取引先の接待」というシナリオを出した関係で、前から温めていたネタをもう一つ思い出したので、これを優先して書きたいと思います。

数年前になりますが、友人がアメリカからやってきたサプライヤーの接待に行ったとき、一緒にいた同僚が酔っぱらって、サプライヤーの方に絡み始めたそうです。友人は、「すみません、こいつ酔っぱらっているので」と謝って、何とか事態を収めたと言ったのですが、「英語で具体的に何て言ったの?」と尋ねたところ、

"He is ドランカー."

との答えが返ってきました。

当時、「ドランカー」が「酔っ払い」を意味する和製英語であることを知らなかった私は絶句しました。
え?「ドランカー?」もしかして「drunkard"(酔いどれ)」と言ってしまったの?

だって、一時的に飲み過ぎて酔っぱらった人と、「酔いどれ」は完全に別ものですよね。

"He's a drunk."
と言った場合にも、"drunkard"と言った場合と同じく、「アル中」とほぼ同じ意味になってしまいます。この場合、"drunk"は「酔いどれ」という名詞になるからです。

では、アル中では無いけれど、一時的に酔っぱらっただけの場合には、何と言えば良いのでしょうか。

"He's drunk."
これだと、"drunk"は「酔っぱらっている」という形容詞になるからです。

でも、「酔っぱらっている」とストレートに言うのも、ちょっと無粋な感じがしますよね。

このとき便利なのが、多くのイギリス人と一緒に働いていた時に知った、
"He's had a few too many."
という表現です。

訳すと、「最後の数杯分が余計だったね」という感じでしょうか?
"He's had a few too many to drink."
と言うこともできるのですが、最後の "to drink" は言わなくても分かるだろうということで、省略されることが多いです。
ちなみに、アメリカ人であれば、もっとストレートな
"He's had too much to drink."
のような表現を使うことの方が多いですね。

ちょっとだけ飲み過ぎた(最後の一杯だけ余計だった)ということを強調したい場合、
"He's had one too many."
と言うこともできます。

同僚のメンツを潰さないよう、さらに丁寧な感じにしたければ、
"I think he's had a few too many."
"He might have had a few too many."

のような「クッション言葉」を入れると良いでしょう。

自分についても、使えます。
"I think I may have had a few too many."
と言えば、「何か失礼があれば許してくれ」というニュアンスが伝わりますし、女性が「私、ちょっと飲み過ぎちゃったみたい」と可愛くアピールすることにも応用できます。

今度英語スピーカーと飲む時、是非活用してみてください!
posted by EnglishMaster at 22:00| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

安倍首相とトランプの握手を長引かせた、日本人が苦手な文型

かなり古いネタになってしまいますが・・・

今はサウジ訪問中のトランプ、安倍首相に会った時にやたらと握手が長く続いたことが話題になりましたよね。



実は、必要以上に長くなったのには、安倍首相にも原因があったのです。

ここにあるビデオの0:30頃、握手をしている二人に向かって日本の報道陣から「こちらもお願いしまーす」と日本語で声がかかります。
訳が分からないトランプ氏は、笑いながら"What are they saying?"と安倍首相に質問。
これに対する安倍首相の答えが、
"Please...look at me."
だったのです。
当然ながら、トランプは安倍の顔を数秒間マジマジとみつめました。
誤解に気付いた安倍首相が、握手をしたままカメラの方を指差して、トランプをカメラに向かわせることによってようやく撮影が終わったのです。

日本語であれば、
カメラマン:「こちらもお願いしまーす!」
トランプ:「今、何て言ってるの?」
安倍:「こちらをお願いします(、と言っています)」
で問題なく分かるのに、英語では通用しないのですよね。

では、このような場面で、安倍首相は何と言えば良かったのでしょうか?

ここで使われるべきなのが、"reported speech"(間接話法)なのです。

カメラマン→トランプ&安倍
"Please look at me."
であれば、
安倍→トランプ
"He asked us to look at him."
にしなければならないのです。

つまり、英語の場合には
1.「誰が」「誰に対して」言ったのかを明確にしなければならない
2. 原文の対象と報告者の関係性によって目的語が変わることがある(上記の例では「私」から「彼」)
という2つのポイントを押えなければなりません。

実は、英語ネイティブの子供は、小さい頃からこの転換に慣れています。
母:"Tie your shoelaces." (靴ひもを結びなさい)
(反応無し)
母:"What did I tell you?" (今、何て言った?)
子:"You told me to tie my shoelaces."

日本語ではこのような転換が全く必要無いので、これをちゃんと使いこなすためには色々と置き換えて慣れるしかありません。

そこで練習問題です!

平叙文や疑問文だと、時制の転換なども入ってきてややこしくなるので、今回は一番簡単な命令文のみ取り上げました。

基本は、
普通の命令文は、"X told Y to..."
この握手の場面のように冒頭に"Please"がある場合は"X asked Y to..."
という形になります。

I. 自分→自分の子供に対する以下の内容を、他の人に報告すると想定して転換してみましょう。
1. "Brush your teeth."
2. "Finish your breakfast."
3. "Go to bed."
4. "Do your homework."
5. "Please be quiet."
6. "Don't cry."
7. "Please don't sit on my laptop."
子供が女の子の場合と男の子の場合、さらに相手が二人以上の場合によって、それぞれ違う文を作らなければなりませんね。

II. 取引先の訪日中の交渉・接待について上司から受けた指示を、その取引先の方に報告すると想定してみましょう。
1. "Give them a 20% discount."
2. "Please make sure they're comfortable during their stay here in Tokyo."
3. "Don't discuss any details until their CEO arrives."
4. "Don't let them pay for dinner."
5. "Call me as soon as they check in at the hotel."

いかがでしたか?

慣れるまではちょっと大変ですが、使いこなせるようになればビジネスの場でも大活躍の文法なので、是非マスターしてください!

平叙文・疑問文については、また今度取り上げます。




posted by EnglishMaster at 00:22| Comment(1) | TrackBack(0) | 文法 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月13日

Happy New Year!

少し遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございます!

昨年にブログを復活させたつもりだったところ、結局ほとんど投稿せずに終わってしまったので、今年こそもっとマメに記事を書きたいと思います。

このような「新年の抱負」を、英語では "New Year's Resolution(s)"と言い、必ず意思を表す"will"を使う点に特徴があります。

よくある例を挙げると、
I will lose 10 pounds. (体重を4.5kg落とすぞ!)
I will go to the gym at least three times a week. (週3回以上ジムに行くぞ!)
I will study English every day. (毎日英語を勉強するぞ!)

という感じですね。
私が冒頭で挙げたものは、次のような感じでしょうか。
I will post on this blog more often.
少し具体性に欠くので、
I will make an effort to post on this blog at least once a week.
(週に1回以上は投稿するように努力します)
と、途端に弱腰になってしまいましたが・・・

ところで、せっかくの抱負を他の人に言いたいこともありますよね?
その場合、主語は"My New's Year's Resolution" になるので、異なる主語の"I will"を維持するためには
My New Year's Resolution is that I will lose 10 pounds.
のようにthat節を使ったやや勿体ぶった(かつ回りくどくてぎこちない)文章になってしまいます。

そこで、普通は"that I will"の部分を"to"で置き換えます。
My New Year's Resolution is to lose 10 pounds.
大分すっきりとしますよね。

なお、「私は、〜することに決めました」という言い方にするためには、冒頭を置き換えて
I made a New Year's Resolution to lose 10 pounds.
とします。
わざわざ"resolution"という言葉を使わずに、単に「決めた」という表現であれば、さらにすっきりとします。
I decided to lose 10 pounds.
せっかく決めたのだから変な誘惑はしないで、と甘い物を断るのであれば、これらの言い方が一番効果的かもしれません。

ちなみに、仕事で英語を使われている方であれば、この"resolution"という言葉に見覚えがあるかもしれません。取締役会や株主総会の「決議」と同じ言葉だからです。
A transaction this size has to be approved by a resolution of our Board of Directors.
(この規模の取引には、取締役会の決議による承認が必要です)

ただ、個人が一人で勝手に「決意する」場合(make a resolution)とは異なり、何らかの機関が「決議する」場合には、用いられる動詞が変わり、"pass a resolution"となるので、注意が必要です。

この"pass a resolution"というフレーズ、国連(特に安全保障理事会)関連でも良く出てくるので、興味があれば是非英字新聞等でチェックしてください。

国際社会に重大な影響を及ぼし得る"resolution"と同じ言葉が個人の「抱負」を表すためにも使われているとは、面白いですよね?
posted by EnglishMaster at 13:54| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月18日

「地名」的なミス?

今月、ムービープラスで放送されている、『ザ・ホスト 美しき侵略者』で、珍しい字幕の間違いを発見。

"Fort Worth"という地名がでてきた台詞の字幕が、見事に直訳の「ワース基地」になっていました。

翻訳をされた方は、"Fort Worth"がテキサス州の都市名ではなく、実際の基地の場所(設定は、基地も軍隊もなくなった未来)と勘違いしたのでしょうか?
テキサス州に行ったことがなくとも、ANAとJALの両方が就航している「ダラス・フォートワース空港」の名前を聞いたことがあれば、普通に「フォートワース」と訳したと思うのですが・・・少し残念ですね。

もう一点残念だったのが、登場人物の一人である「Doc」の訳し方。
元医者ということで、みんなから「Doctor」を略した「Doc」という渾名で呼ばれているのですが、これが字幕で何箇所か「医者」と訳されていました。
渾名であるという感じを出すなら「先生」の方が良い訳で、実際にほとんどの場面では「先生」と訳出されていたため、余計がっかりな感じです。
まさか映像翻訳の場合には、最後に見直して統一感をチェックできない・・・ことはないと思うのですが?

販売されているDVDでも同じ字幕なのか、少し気になるところです。




ちなみに、これを観たくなったのは、一世を風靡した『トワイライト』シリーズと同じ作者による原作を読んでいたからです。
『トワイライト』はやたらと長かったこともあり、読んでいて途中で食傷気味になった上、映画に至っては途中で観るのをやめてしまったのですが、こちらの話は原作も映画版も比較的テンポがよく、映画では実力派の俳優が揃っているので『トワイライト』よりもはるかに見応えがあります。



SF好きで、気になる男性に対するドキドキの描写が(トワイライトほどではないけれど)延々と続くのが嫌でない女子には、是非オススメしたい一冊です。
少し分厚いのですが、大学受験レベルの語彙があれば、余裕で読めると思います。

なお、この映画の監督を務めたAndrew Niccol氏は、私の大好きな『ガタカ』というSF映画の監督でもあります。
こちらの方が、純粋なSF映画としてのメッセージ性が高いですね。





posted by EnglishMaster at 00:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 字幕 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2016年05月17日

ブログ復活!

実はしばらく前に奴隷という身分から解放され、英会話教師業も復活させているため、このブログも復活させることにしました。

長い間放置していたため、まずは荒れ放題になっている部分の片付けに着手しなければならないのですが、字幕で気付いた点や、生徒・友人等からの英語に関する質問やコメントをベースに、また細々と綴っていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。

posted by EnglishMaster at 00:00| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。